五箇山の上梨エリア(こきりこの里)の風景写真まとめと歩いた感想

スポンサーリンク

富山県の五箇山エリアには、いくつか地区があります。今回はその中の1つである「上梨(かみなし)」地区について紹介します。

紹介といっても、単純にバス停を降りて、周辺を少し歩いた時に撮った写真がいくつかあるので、それを紹介するだけになりますが・・・。

写真を見るだけでも、五箇山の雰囲気が少しは伝わるのかな〜と思います。

上梨地区の風景写真

JR高岡駅から世界遺産バスに乗って、上梨駅で降りました。

そこから見える景色は、タイムスリップしたかのよう。茅葺きの家が当たり前のように並んでいる様子が見えるのは、日本にもそうは残っていないはず。

五箇山 上梨 こきりこの里

この日は天気が悪く、もやがかかっていました。雪もまだ残っている中だったので、少し幻想的な雰囲気がありました。

五箇山 上梨 こきりこの里

五箇山 上梨 こきりこの里

国指定重要文化財の村上家もありました

上梨地区で唯一の合掌造りの家、村上家もありました。1件だけ他の家と比べて立派な家があるので、目立っていますよ。道路沿いにあります。

五箇山 上梨 こきりこの里

遠くから見ると、立派な形をしているのがよく分かりますね。この日は定休日だったみたいで、入れなかったのが悔やまれます。

五箇山 上梨 こきりこの里

橋からの眺めも良かった

道を歩いていると、緑の橋があったので、なんとなく行ってみました。

五箇山 上梨 こきりこの里

上から川の水が流れているのを眺めたり・・・。この日は天気が悪かったですが、眺めは良かったですよ。

五箇山 上梨 こきりこの里

雪崩対策を初めて見た

道路を歩いていると、雪崩対策のために防御壁がありました。今まで見たことがなかったので、これには驚きましたね〜。

雪国の大変さを思い知る機会になりました。

五箇山 上梨 こきりこの里

454mの湯出島橋はかなり長く感じた

上梨地区からさらに奥に進んでいくと、湯出島橋という454mもの長さがある橋がありました。

五箇山 上梨 こきりこの里

下の写真にもあるように、一直線ではない橋で、しかもかなり長いです。

実際に歩いててかなり長く感じましたね。いつになったら終わりが見えてくるのだろうか・・・そんな感じです。

五箇山 上梨 こきりこの里

横を見ると、かなり遠くまで橋が続いています。おそらく橋だけでも5分以上は歩いていたと思いますね。

終わりが果てしなく遠く感じて、渡り終わった時にはかなり時間が経っていました。

五箇山 上梨 こきりこの里

このまま歩き続けて、今回宿泊したゲストハウスの「山下屋」に到着します。
参考:五箇山のGuest House YAMASHITA-YA(ゲストハウス山下屋)に泊まった感想

五箇山の他の地区に行った時の写真や感想は以下のページでまとめました。
参考:五箇山の上梨エリア(こきりこの里)の風景写真まとめと歩いた感想
参考:エリア全体が世界遺産!五箇山の菅沼合掌造り集落への観光で撮った写真と感想まとめ