特急はくたか号で越後湯沢駅から金沢駅に行った時の感想と写真

スポンサーリンク

越後湯沢駅から金沢駅に向かう時に特急はくたか号に乗りました。

特急はくたか号は、北陸新幹線が開通するのに伴って、2015年3月13日までの運転になります。いつでも乗れる訳ではない貴重な電車になります。

特急はくたか号に乗ったのはもちろん人生初ですが、最初で最後のいい記念になりました。そんなはくたか号乗車の思い出を残しておきます。

越後湯沢駅ではくたか号の写真があった

越後湯沢駅で待っている時に、はくたか号の写真がありました。ニュースでは聞いたことがありましたけど、下の写真を見て、なくなってしまうのが現実だというのを実感しました。

特急はくたか号のボード

この日の越後湯沢駅はめちゃくちゃ寒くて、雪も積もってました。

寒すぎるので、立ち喰いうどんまで食べました。
参考:体ポカポカ!越後湯沢駅での乗換待ちに湯沢庵のうどん・そばがオススメ!

越後湯沢駅から見える景色

特急はくたか号は1番線からの発車になります。越後湯沢駅は、0番線というのもあるんですね。

越後湯沢駅の案内

駅のホームまで行ってみると、湯気が出ているところがあって、温泉でも出ているのかな?と思うところがありました。

こういうのは観光地ならではな感じですよね。

越後湯沢駅

金沢ゆきのはくたか号

駅のホームも寒いので、はくたか号に乗ることにしました。はくたか号の側面だけしか写真が撮れず・・・。正面から撮るのを忘れていました。

特急はくたか号

車窓からの雪景色

電車が発車してしばらくは、一面雪景色で、周りの景色が最高でした。ヨーロッパに行った時のことを思い出すかのような美しい景色でした。

特急はくたか号から見える景色

特急はくたか号から見える景色

光が射してる状態で撮った景色もいい感じです。まったく手付かずになっている雪景色は息をのむ美しさでしたよ。

特急はくたか号から見える景色

景色を見ることができたのは、最初の1時間ほどで、すぐに日が暮れてしまいました。真っ暗になってしまったあとは、Kindleで読書しながら、はくたか号の旅を楽しんでいました。

乗ること2時間半、金沢駅に無事到着しました。

はくたか号の車内はそれほど人が多くなく、指定席の隣に人が来ることは一度もなかったです。金曜日の午後ということもあって、そんなに混まなかったです。

東京から上越新幹線に乗って金沢まで到着するまでの話はここまでになります。最初から見る場合は、以下のページからどうぞ。
上越新幹線で上野から越後湯沢まで人生初乗車!感想と写真のまとめ