飯田線の電車旅その3「中部天竜〜豊橋」編

スポンサーリンク

長野県の上諏訪駅から豊橋駅まで普通電車で7時間かけて旅するのも後半になってきました。中部天竜に着いた時点で既に5時間経過・・・。

疲れも相当あります。キツいのは覚悟していましたので、あと少し踏ん張りどころです。

中部天竜〜浦川駅

飯田線のことは全然下調べしてなかったのですが、中部天竜という駅名を聞いて、秘境駅はもう終わりかな、と思いました。

渓谷と横目に走って行く景色はもうないですが、その後も緑豊かな景色が続いていきます。

中部天竜周辺の景色

中部天竜〜下川合の景色

中部天竜〜下川合の景色

下川合駅に到着。

下川合駅

下川合〜早瀬の景色

下川合〜早瀬の景色

いい景色です。

早瀬周辺の景色

早瀬〜浦川周辺の景色

早瀬〜浦川周辺の景色

浦川駅に到着。

浦川駅に到着

上市場駅〜柿平駅

上市場駅。

上市場駅

出馬(いずんま)駅。

出馬駅

出馬駅周辺の景色。

出馬駅周辺の景色

東栄駅。

東栄駅

池場駅。

池場駅

池場〜三河川合駅の景色。

池場〜三河川合駅の景色

三河川合駅。

三河川合駅

柿平駅。

柿平駅

柿平駅

寝落ちした・・・

この辺りで眠気が限界に来てしまい、途中何駅かは寝ていました。気がついた時には本長篠駅に着いてました。

7時間ぶっ通しで起き続けるのも難しいですね。秘境駅が続くところで寝なかっただけ良かったとしましょう。

柿平〜三河槙原の景色

電車とすれ違う

本長篠駅。あと1時間少しで豊橋駅です。いつの間にか愛知県に入ってますね。

本長篠駅

長篠城駅〜三河東郷駅

長篠城駅。田園風景だけという感じはなくなってきました。

長篠城駅

鳥居駅。生活感あふれる場所に駅があります。

鳥居駅

鳥居〜大海の景色。この辺りも景色が良かったです。

鳥居〜大海の景色

鳥居〜大海の景色

大海(おおみ)駅。

大海駅

三河東郷駅。

三河東郷駅

茶臼山駅〜新城駅

茶臼山駅なんか、駅前がアパートですね。生活感ありすぎ。

茶臼山駅

東新町駅。この辺りは中心街なのか、目立った景色がありません。

東新町駅

新城(しんしろ)駅。新城市の中心なんだと思います。「しんしろ」と聞いて、サカナクションを思い浮かべる人もいるはず・・・。私がそうだったように。

新城駅

野田城駅〜豊川駅

野田城駅。

野田城駅

東上駅。

東上駅

江島駅。またのどかな景色になってきました。

江島駅

長山駅。

長山駅

三河一宮駅周辺の景色。

三河一宮駅

豊川駅。この辺りまでくれば、かなり都会ですね。

豊川駅

牛久保駅〜豊橋駅

牛久保駅。

牛久保駅

小坂井駅。この次の下地駅、船町駅には停まりません。ということはこれが最後の停車駅。次はいよいよ終点豊橋駅です!!!

小坂井駅

下地駅、偶然撮影できました。

下地駅

別の電車と並走しながら豊橋駅へ向かいます。この感じは完全に都会ですね〜。

別の電車と並走

豊橋駅に到着!

というわけで、約7時間かけて豊橋駅に到着しました!いやぁ〜長かった。電車が遅れることなく無事に辿り着けて良かったです。

豊橋駅

おそらく上諏訪駅から豊橋駅まで乗り通したのは私だけだろうな・・・。車掌さんは途中で何度か交代してたし。

乗ってきた電車の様子

乗り続けてきた電車もどことなくお疲れな表情に見えます。回送になってました。写真は撮ってないですが、先頭車両を見たらまた「上諏訪」って書いてましたが^^; 働き過ぎでしょ、この電車。

飯田線電車の旅まとめ

飯田線、しんどくなることは覚悟していましたが、乗り終わったあとはもうしばらく電車に乗りたくないと思いましたね・・・。7時間も乗り続けるのはやっぱりハードです。

こういう弾丸ツアーができるのも若いうちだけだと思うので、チャレンジするなら早いうちにやってみましょう。青春18きっぷでもいいし、それ以外の期間でも4,000円だせば豊橋ー上諏訪を移動できます。

景色を存分に楽しむなら青春18きっぷの時期を外す方がいいと思います。7時間乗り続けてて、めちゃくちゃ混雑したことは1度もありませんでした。

ちなみに私が飯田線の電車旅を決行したのは2014年6月23日(月)です。平日かつ青春18きっぷ以外の時期がベストでしょう。