猫好きにはパラダイス!2時間でまわる男木島観光ガイドと写真まとめ

スポンサーリンク

香川県にある男木島(おぎじま)という島に行ってきました。

フェリーの関係で、わずか2時間ほどの滞在になりましたが、いろいろと見て回って、普段できない貴重な体験もできましたよ。

何よりもネコ!ネコがこんなにたくさんいるのは知らなくて、ネコに囲まれた時は何が起こっているのかと思いました・・・。

ネコの話も含めた男木島の観光について、このページでまとめました。

男木島への行き方

男木島ってどこ?
聞いたことがない方は、まずそう思ってしまいますよね。男木島は、高松からフェリーで40分ほどで行ける場所にあります。

高松から行けるので、アクセスに関しては悪くないです。

男木島の位置

高松から出ている男木島ゆきのフェリーは、2時間に1本です。

乗り遅れると、2時間待ちになりますので、時間は必ず守るようにしましょう!

男木島の港周辺の景色

前情報が全くない状態で男木島に上陸しました。着いた時の感想は、意外と家が多いな、ということです。

ほとんど人が住んでないのかと思っていましたが、そんなことは全然なかったですよ。

男木島の港

男木島に着いてすぐ目に入ったのが、いろいろな文字が入り乱れたアート作品。この下にはフェリーのチケット売り場や食事処がありますので、一度は入ることになるはず。

男木島の港

軽食やちょっとしたお土産などがあります。

レンタサイクルも借りれるそうです。私は結局歩きだけでしたが、十分でした。

男木島 売店

ということで、船を降りて、男木島観光に出発しましょう!

男木島の港

フェリー乗り場近くには、男木島の案内図もあります。あらかじめ目的地があるのなら、チェックしておきましょう。

男木島の案内図

フェリー乗り場からすぐにある鳥居は、豊玉姫神社に続いています。あとで紹介しますが、豊玉姫神社ではネコが大量にいました・・・。

男木島

男木島

フェリー乗り場から右手に奥へ奥へ進んでいったら、なぜか農園地帯に入ってしまいました・・・。

男木島

加茂神社で桜と海の景色を眺める

農園が続いているところを抜けたら、加茂神社という神社がありました。せっかくなので、階段をのぼることに。

男木島

意外と先が長い・・・。

男木島 加茂神社

もう1つ鳥居が見えてきました。

男木島 加茂神社

4月上旬に行ったこともあり、この時は桜が満開でした。迷い込んだところで見つけた神社なので、私以外には誰も人がいなくて、贅沢に1人で桜を堪能できましたよ、ラッキー!

男木島 加茂神社の桜

本殿まで行ってみます。

男木島 加茂神社

普段は人がいない本殿でした。

男木島 加茂神社

加茂神社にのぼる途中の階段から、海がチラチラと見えて、島に来たことを時間。いい景色ですね。

男木島 加茂神社から見る海の景色

男木島でネコに遭遇!100mほど追跡される・・・

神社をあとにして、また道に戻ってふらふらと歩いていました。アートっぽい感じのものを見つけました。ボールみたいなものがなぜか木にかかっているという。

男木島 アート作品

アートを見ていたら、どこからともなくネコがやってきました。全く警戒することなく、こちらへテクテクと。

男木島 ネコ

そうこうしているうちにもう1匹。うち1匹はなぜか私の足元で寝始めるという始末。

男木島 ネコ

なにかをねだっているのか、私の足元でゴロゴロしはじめました・・・。普通では考えられない展開に戸惑う私。

何も持っていないので、とりあえずネコを放ったらかして先へ進むことに。

男木島 ネコ

が、先へ進んでいってもネコは後ろからテクテクとついてくるではないですか!

このあとで紹介する男木小学校の桜を見ている時も、足元には常にこのネコがうろうろ、ゴロゴロ。

男木小学校の桜が満開だった

ネコを仲間に加えたあと、引き連れて歩いていたら、旧男木小学校の校舎がありました。そこに桜が満開で咲いてましたよ。

加茂神社よりも満開で溢れんばかりの桜でした!

あいにくの曇り空だったので、ピンクがいまいち映えないですが、それでもキレイなものはキレイです。

男木小学校の桜

男木小学校の桜

男木小学校の桜

このあたりまで来て、もう少し進んだところで、今までついてきてたネコは突如ついてこなくなりました。

突然振られた感覚をおぼえつつも、島あるきを続けます。

男木島カフェ「TACHI」があった

道沿いに歩いていたら、男木島カフェ「TACHI」を見つけました。入ろうかどうか迷いましたが、結局入らず。

男木島カフェ TACHI

メニューも外に載ってましたので、入る前に参考になりますよ。軽食、デザートが充実しています。

男木島カフェ TACHI

男木島にも郵便局はありますよ!ゆうちょ銀行ATMも

またしばらく歩いていると、今度は小さな郵便局を見つけました。

ゆうちょ銀行ATMもありますので、お金がなくなったらここで下ろしておきましょう。
参考:国内バックパッカー旅行者向けに役立つ銀行口座一覧 ATM手数料無料の銀行と下ろせる場所まとめ

男木島の郵便局

豊玉姫神社で集団のネコに突如囲まれる・・・!

またふらふらと歩いていたら、フェリー乗り場で見つけた鳥居にも書かれていた「豊玉姫神社」に辿り着きました。

男木島 豊玉姫神社

安産の神様として信仰を集めているとのこと。子宝に恵まれたいと思う方はお参りしてみてはいかがでしょう。

男木島 豊玉姫神社

大きな鐘もありました。

男木島 豊玉姫神社

で、ここからですよ。神社の奥にあった階段を降りようとしたら、突如としてあらわれたネコの軍団!

それまでは、女子2人組と遊んでいたのですが、その2人が去っていき、僕を見つけた瞬間にわらわらとこっちに向かってくるではありませんか・・・!

ちょっと座って休憩してたら、ネコは膝の上にまで乗ってくる始末。写真は撮れなかったですが、片膝ごとに1匹乗ってましたからね^^;

男木島 豊玉姫神社 ネコ

あまりにも大量に寄ってくるので、ちょっと恐怖を感じます。カバンをあけようとしたら、みんなそわそわし始めて、手を出してくるし・・・。

この日はちょっと寒かったので、鼻をかみたかっただけなんだよ〜。

男木島 豊玉姫神社 ネコ

数分後、僕といるメリットを感じなくなったのか、去っていった女子たちの方を名残惜しそうに見ていました。

男木島 豊玉姫神社 ネコ

男木島 豊玉姫神社 ネコ

猫に囲まれた時の様子を動画におさめましたので、見ていただけると幸いです。

基本、何もない男木島灯台へ歩いて行った

ネコの大群ともお別れして、また男木島の散策を続けます。

うろうろと歩いていたら、灯台がある案内を見つけました。1.3km、往復2.6kmなら全然歩ける距離だな・・・と思って、行ってみることに。

行ってみて分かりましたが、よほどの灯台マニアでない限りは行くことをおすすめしません^^;

男木島灯台への道

こんな感じの道を進みます。

男木島灯台への道

こんな感じで緑のトンネルっぽくなっている道を進むことに。だんだん不安がつのります。

男木島灯台への道

何もない道をひたすら歩きます。

男木島灯台への道

ひたすら歩きます。

ザワザワ・・・!

音のした方を見ると、イノシシが!!
幸いにもこちらへ向かってきたわけでなく、驚いて逃げていましたが、このまま進んで大丈夫なのか一気に不安になります。

男木島灯台への道

とりあえず少し早歩きになって、そのまま進むことに。道は一本なので迷うことはありません。

男木島灯台への道

1.3kmって意外と遠いなぁ。

男木島灯台への道

ついに海まで見えてきました。

男木島灯台への道

お、近付いてきたかな?

男木島灯台への道

人の気配がしない海はどこか寂しげ。

男木島灯台への道

20分ほど歩いてようやく男木島の灯台に到着しました。

男木島灯台に到着

男木島灯台 案内図

はるばる歩いて見つけた灯台がこちら。この写真を撮るためだけに来たといってもいいぐらい。

男木島灯台

正面からも1枚。灯台はそんなに高くありません。基本は無人の場所ですので、ここまで来ても孤独です。

男木島灯台

灯台からの奥からも海の景色が見れました。天気が悪いし、イノシシをこの目で見たことによる不安がそのままあらわれている感じ。

男木島灯台から見る海の景色

いくつか建物がありましたが、全部あいてなくて、一体何をしにきたのかな〜という気持ちに。

ogijima_kagawa_49

男木島の灯台からいろいろと歩くのもできるみたいです。時期によっては花がキレイな時もありますよ。

男木島 遊歩道 案内図

男木島に行ってきた感想

このページで紹介したいるのは、実際に私が行ってきたところと体験したことをまとめたものです。

男木島を単純に観光するだけであれば、2時間あればひと通りはまわれるのかな、と思いました。

往復で2.6kmある灯台まで行けたし、ネコとも戯れたりできました。私のように灯台に行かないなら、カフェなどに寄って軽く食べたりお茶したりするのもまたいいと思います。

もし、これから男木島に行こうと思っている方の参考になれば幸いです。

このあと、女木島にも行ってきました。その時の様子は以下のページで。
参考:展望台の景色と桜が美しい!2時間でまわる女木島観光ガイドと写真まとめ

直島の観光まとめ
高松の観光まとめ