東京なのに1両編成!巣鴨の庚申塚から都電荒川線に乗った話

スポンサーリンク

JR巣鴨駅から巣鴨地蔵通り商店街に入って、ずっと歩き続けていると、途中で踏切があります。

そこの線路には、都電という1両編成の小さな電車が。東京といえば人の多さがあるので、電車の車両も多いのですが、都電はなんと1両です!

都会のはずなのに、田舎に来たような感覚になり、なんかほっこりしましたね〜。

都電

都電の運賃は165〜170円

都電に乗る時は、運賃を前払いで支払います。乗る時にお金を入れるかICカードをタッチしてください。

私は、ビックカメラSuicaカードを持っているので、ICカード運賃で165円でした。

東京って、ICカードで乗る方が運賃が安くなるんですよね。

都電の運賃

庚申塚(こうしんづか)駅から乗車

巣鴨地蔵通り商店街の中にある駅は、庚申塚駅という名前です。1両しかない電車なのに、人の乗り降りは多くて、このあたりはさすが東京っていう感じがしましたね。

都電 庚申塚駅

都電に10分ほど乗り続け、鬼子母神前駅で降りました。私が乗った電車は黄色い車体に緑色のラインが入っている車両でした。

都電

東京なのにほのぼのしたいい時間でした。

都電に乗った感想をツイートしたら、東京散歩ぽさんから反応がありましたので、紹介します。