3月上旬に佐渡島をレンタカー利用で1泊2日で観光した感想

スポンサーリンク

ちょうど北陸新幹線が金沢まで開通したって日に、よりによってひねくれ者のわたしは、日本海に浮かぶ佐渡島を訪れてみました。

3月の佐渡はそれほど雪がないかも両津港に

新潟港からフェリーで2時間半。着きました佐渡島の入り口、両津港。
春とはいえ、まだ3月。

両津港

レンタカーを佐渡島内で借りてはみたものの、日本海側ということで雪が心配と思ったら、どうも暖かい気候らしく、平野部ではぜんぜん雪はない・・・。

確かに山間部はゴールデンウイークまで通行止めなんだけど、車もそこそこ走っているけど、案外すいすいドライブ。

晴れていたこともあって、なんだか楽しいぞ!

佐渡のトキの森公園へ

トキの森公園入口

佐渡と言えばトキ!
ということで、早速「トキの森公園」へ行ってみた。

ゲージの中のトキ

「トキの森公園」にある飼育のゲージの中にいましたいました、トキ。

現在、すでにトキは自然界にも生息しているようですが、野生に定着しきれていないということで、なるべく自然に近い環境を再現するこの施設があるそうです。

トキが餌をついばんでます

さらに、「トキふれあいプラザ」にも若いトキがいました。
えさをついばんだり、たまに飛んでみたりと、優雅な姿を見ることができましたよ。

初めてトキをみましたけど、1歳以下の若いトキはちょっと灰色で、1歳以上のトキでピンクに近くなっていくと、若干色が違うって知ってました?

保護のためにこういったゲージの中に居ますが、将来的には野生に復帰できるようにしていくとのことです。

時期が春先だったからか、土曜日の割に人もまばらでした。
入場料のかわりに協力費というものがありますが、私が訪れた当日は無料で入場できましたよ。

協力費:大人(高校生以上)400円、小人(小中学生)100円。

折鶴ならぬ、折トキ

おみやげに、案内されている女性の方からトキの折り紙「折りトキ」をいただきましたよー!
にしても、色といい、形といい、ずいぶん精巧な作りです。

佐渡には日本酒の蔵もある

北雪酒造さん

佐渡は日本酒の蔵もいくつか。日本酒好きのわたしには外せないポイントです。ドライバーなので試飲できなかったのが・・・。でもしっかりお酒は買いましたよ!

佐渡の風景

宿根木の三角家

佐渡の南海岸沿いに走ると、知る人ぞ知る集落「宿根木」へ。

うん、なにかのCMで見たことある風景。
コンパクトな敷地の中に不思議な空間が広がります。

沢崎灯台

佐渡島の南西の端、沢崎灯台。いかにも地の果ての風景。

佐渡の夕暮れ

ベルメールユースホステルに宿泊

あまり佐渡の島の中を知らず、ユースホステルで夕陽が見れそうなところと思って、「ベルメールユースホステル」という佐渡島の西側の宿にしてみました。

けど、いろいろ寄り道していたら、時間がかかってしまって、もう日が暮れてしまった!!

宿の方から「迷子になってませんかぁ?」って電話がかかってきてしまいました。
というか、佐渡島、想像以上に広い!

佐渡ベルメールユースホステル

こちらの宿でお世話になりました。

宿の方、すごく親切でフレンドリー。
いろんな世間話ばかりしておりましたが、とても楽しい時間を過ごせました。

姫津漁港へ

姫津漁港

近くの姫津漁港は、いかにもひなびた感じの小さな港。

相川金銀山跡

大間港

翌日は、江戸時代から明治時代にかけて栄えた、以前の日本最大の金銀山、相川の佐渡金銀山跡の産業遺産、その当時の積み出しのための港、大間港を散策してみました。

栄枯盛衰、といいますか、廃墟マニアにはたまらない光景です。

佐渡を観光した感想

佐渡遠景

新潟の海の向こうの佐渡島。
なかなか訪れる機会は難しいところかもしれませんが、観光に行ってみると、お話ししたみなさん、だれもが優しく温かい!

ホントになんだかほっこりした気持ちでいることができました。
まる1日というより、もう1、2日多く滞在して、時期も春から夏がいいでしょうか。

ぐるっと佐渡を一周するってのも、いいかもしれませんね。

なんといっても、お米や魚、酒がうまかった。
地元の魚屋さんが営んでいる回転寿司屋もあって、地物の魚も味わえましたよ。

見どころたくさんの佐渡島なので、一度訪れてみてください。