JR西日本豊岡駅の駅員さん達による神対応に感動した件

スポンサーリンク

2013/9/4は西日本地域で大雨が降りました。その影響でJR西日本のダイヤが大幅に乱れることとなります。

この日私は、出雲市駅から神戸方面まで青春18きっぷを使って帰る予定でした。

しかし、ドタバタがあり一時は家に帰れないと思うほどでした。しかし、JRの職員さんの信じられないほど素晴らしい対応のおかげで無事に家に帰ることができました。このページはその一部始終についてお伝えしていきます。

大雨の影響で徐行運転

最初にふれたように、この日は大雨でした。そのため、運転が取りやめになる電車が出てきたり、大幅な遅れが発生します。

運転したとしても、時速30kmの徐行運転となり、全く前に進んでいるような感じがしなかったです。

出雲市を出たのは7:10。午前中は安来駅から足立美術館に行ってました。その後、米子駅に戻り13時過ぎの電車で行くつもりが、発車したのは13:40頃・・・。なんだかいや〜な予感がします。

その後倉吉駅に着いたのが15:00頃、ここでもまた次の電車が大幅に遅れていて、鳥取駅行きの電車に乗れたのは15:40頃です。

鳥取駅に着いたのは17:00前頃、倉吉駅から鳥取駅は普通こんなに時間掛からないんですけどね〜。この時点で、帰れなくなることも考え始めます。次の電車、浜坂行き17:24の電車に乗りますが、これも10分ほど遅れて発車します。

北の方の何もないところで、日が暮れていくのはかなり不安になりますよ・・・。浜坂駅に着いたのは、18:30頃です。

次は豊岡行きですが、浜坂ー豊岡間はこの日全く電車が動いていませんでした。でも、この時間になると雨は上がっていて、晴れ間ものぞいていました。そのため、ラッキーなことに運転再開となります。

しかし、豊岡までの運転は全て徐行運転となったので、浜坂から豊岡まで2時間近くかかります。豊岡に着いたのは21:00を過ぎていました。

 

普通電車がなくなる

豊岡まで着いて、少し帰れる望みが出てきたと思ったところでした。

なんと豊岡駅から福知山方面に電車が出ていないのです。さあ、どうしよう・・・ですね。

特急は全て運休になり、普通電車しか望みがなかったのに、絶たれてしまいます。

 

青春18きっぷ組の願い

私は、青春18きっぷを使って帰ろうとしていました。この日、私と同じように青春18きっぷで大阪や京都方面に帰ろうとしていた方が20人ほどいました。

この状況に見かねた他の乗客が「なんとかならないのか?」と駅員さんに聞いています。駅員さんの周りには、同じ青春18きっぷ組の人だかりができていて、なんだかストライキでもしているようでした。

駅員さんは無理です。と対応するものばかりだと思っていましたが、この状況を見かねたのか、なんとかできるように考えてくれます。

私はもう無理だと思っていたので、人だかりの近くにあった駅周辺の地図を見て、泊まれるホテルがないか調べていました。

ホテルを調べている最中に、驚くべきことが起こります・・・!!!

 

まさかのタクシー手配

なんと!豊岡駅の駅員さんが姫路駅までのタクシーを手配してくれたのです!!

一瞬頭が「?」マークでいっぱいになりましたよ。まさかこんな対応をしてくれるとは思っていなかったので、感激しました。

駅員さんに「いろいろお気遣いありがとうございました」と伝えると、駅員さんは「こちらこそ、大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした」と。

いやいや、大雨なんだから動かなくてもおかしくないでしょ?という感じだとは思うのですが、この親切さです。ちょっとあり得ないと思いました。豊岡駅の駅員さんは神ですね。

しかもタクシー代はJR西日本が負担してくれています。豊岡駅から姫路駅までなので、かなり距離があります。最終的な料金は確認していませんが、タクシー代は40,000円を超えていたと思います。4人乗れるタクシーを5台用意してくれたので、単純計算で20万円をJR西日本が負担していることになります。

タクシーのメーター、こんな数字、2度と見ることはないだろう・・・

この対応は当たり前ではない

豊岡駅の駅員さんがタクシーを手配してくれたおかげで、一気に姫路まで行くことができ、ドタバタはあったものの、無事に家にたどり着くことができました。

家に帰れたのは、間違いなく豊岡駅の駅員さんのおかげです。タクシーを手配してくれるという前代未聞の対応がなければ、豊岡駅周辺で泊まっていたでしょう。

JR姫路駅

私がこの一連の流れで1つ残念に思ったことがあります。これだけの神対応をしてくれた豊岡駅の駅員さんに対する感謝が見られなかったことです。私が見た限りでは、みんな当然のように振る舞って誰も「ありがとう」1つ言ってなかったです。

当然ですけど、この対応は当たり前なことではありません。青春18きっぷにも、災害などで列車の運行不能があっても対応はしませんよ。と書かれています。それを知らずに駅員さんに「なんとかならないのか?」と詰め寄るのはどうかと思います。気持ちはよ〜く分かりますけどね。

青春18きっぷという、JR側からしたら大損になる乗車のされ方をしているにも関わらず、そんな私も含めた悪い顧客に対してさらに20万円も負担して無事に目的地に届けようとしてくれる対応。何度思い返しても「素晴らしい!」としか言いようがありません。この対応をしてもらった方全員、JR西日本の株を買って還元した方がいいのではないかと思ったほどです。

姫路駅に着いたタクシー

おそらく、豊岡駅の駅員さんには目に触れることがないと思われますが、JR西日本はこんな素晴らしい対応をしてくれました。いろいろ言われる企業ではありますが、結局は中の人の対応次第で印象が大きく変わることを痛感した出来事でした。

豊岡駅の駅員さん、ありがとうございました!

※追記:後日、ささやかですが、お礼の差し入れとメッセージを送りました。

※追記
同様の状況になったとしてもこの話を引き合いに出して「なんとかしてください」と言うのは絶対にやめてください!何もないのが当たり前です。

ちなみに、このページで紹介したことは、以下の旅行のあとに起こった出来事です。