赤ちゃん・子供連れ沖縄旅行でおすすめの旅行コース2日目

スポンサーリンク

赤ちゃん連れで初めての家族旅行in沖縄。

丸2日間遊べる旅行日程の中で2日目に訪れた沖縄の観光スポットをご紹介します。

参考:沖縄旅行1日目のレポートはこちら

沖縄プラン2日目

一日の始まりは赤ちゃんの離乳食に助かるホテルの朝食バイキングで。

赤ちゃんを連れて旅行する時に一番心配だったのが離乳食です。

「赤ちゃん・子供連れ沖縄旅行でおすすめの旅行コース1日目」でも触れましたが、0歳11ヶ月の娘は1日3回離乳食を食べていました。

なので、少なくとも朝はしっかり食べられるホテルのバイキング付プランにしました。

ホテルのバイキングから離乳食メニューって取れるのかな?と思って行ってみると、結構いろいろ食べられるものがあってほっとしました。

朝食バイキング1

朝食バイキング2

朝食バイキング3

基本的によくあるのは、ご飯(またはおかゆ)、パン、納豆、焼き魚、トマト、ヨーグルト、果物です。

一口大にするために、100円均一でぺティナイフかキッチンバサミを買っていくと良いかもしれません。

沖縄2日目は北部に向かう旅プラン

1.赤ちゃん子供が楽しめる「ネオパークオキナワ」に。

朝一番にホテルを出てまず向かったのは、沖縄北部の名護市にある「ネオパークオキナ」です。

赤ちゃん・子供をつれた家族旅行におすすめの動物と触れ合えるテーマパークです。

ネオパークオキナワ 入り口

ネオパークオキナワ 鳥たち

ネオパークオキナワ ラマ

色んな動物が間近で見られて、とても楽しめました。

北部に行くと美ら海水族館に行く方も多いと思います。

美ら海水族館にも行ったことはありますが、ネオパークオキナワは美ら海水族館に比べて、混雑していない分短い時間でもゆっくり遊ぶことができました

また、0歳の赤ちゃんには水槽越しの魚より、すぐ目の前に動物が来るほうがわかりやすいのではないかな?と思いました。

ネオパークオキナワの詳細は「ネオパークオキナワの入園料金をお得なチケットや割引クーポンで安くする方法と行った感想まとめ」でもご紹介しています。

2.昼食はやんばるの森の中で美味しいピザを。

北部でどうしても行きたかったカフェがあります。

やんばるの森を感じることができる「カフェichara(イチャラ)」です。

こちらはピザが美味しいことでも有名なので、お昼はここで食べることにしました。

カフェイチャラ やんばるの森の中のカフェ

赤ちゃんにはレトルトの離乳食と、ピザ生地の何もついていないやわらかい部分だけ食べさせました。

カフェイチャラ ガーリックガーリック

カフェイチャラは、開店時間に合わせてよい席を取るのがおすすめです。

詳しくは「沖縄の自然を感じる絶景カフェめぐり」も参考にしてください。

3.沖縄で最高に綺麗なビーチ「ムーンビーチ」へ。

沖縄に来たからには海に出たい!そう思って行ったのがムーンビーチです。

こちらは、沖縄本島西海岸恩納村にあるホテルムーンビーチのプライベートビーチです。

IMG_4321

そのため、基本は宿泊客が利用するビーチなのですが、利用料金を支払えば一般のお客さんも利用することができます。

利用料金は以下のとおりです。

ホテルムーンビーチ プライベートビーチ利用料金

  • 施設利用料・・・大人(500円)/小人(小学生) (300円)
  • 駐車場料金・・・乗用車(500円)/二輪車(200円)/大型バス(1,000円)

中に入ると本当に美しいビーチが!

2016-05-06_055802248_AB536_iOS

2016-05-06_055756937_1AFF0_iOS

沖縄の海・・・というよりもはや海外に来たような綺麗な海を見ることができて最高でした。

こちらでは、さまざまなマリンスポーツやアクティビティも用意されています。

ムーンビーチ アクティビティー

中にはお子様マリンスポーツ教室というプランもあって、子供が大きくなったらいいなと思いました。

今回は海には入りませんでしたが、次回はたっぷり時間をとって海でのアクティビティも楽しみたいなと思っています。

ちなみに、海を利用する際には無料シャワーや子供のおもちゃも用意されています。(ロッカーはコイン式200円)

IMG_2887

2016-05-06_054018898_7B83C_iOS

この旅では泳ぐ予定がなく、水着も用意していなかったので、ホテルのカフェでお茶をしました。

海を見ながらゆったりできる穴場スポットでした。

ムーンビーチ カフェ

4.夕食は那覇の国際通りで安くておいしい沖縄料理

ビーチから那覇に戻って、5時から少し早めの夕食です。

那覇国際通りの安くておいしい沖縄料理「うちなー家」に訪れました。

うちなー家 外観

うちなー家 沖縄そば

早めにホテルに戻るためにも、夕食は那覇で、という方も多いと思います。

那覇でご飯を食べるのは選択肢が多すぎて逆に迷ってしまうかもしれませんが、沖縄料理を食べるならここがおすすめです。

うちなー家の詳細は「那覇国際通りでおすすめの地元民も通う安くておいしい沖縄料理」で紹介しています。

赤ちゃん連れで沖縄旅行に行った感想。

今回赤ちゃん連れで沖縄旅行に行ってみて、まず思ったのは、「家族旅行で沖縄に行って本当に良かった。」ということです。

正直に言うと、実際に行くまでは、まだまだ親が楽しむ旅行だと思っていました。

もうすぐ1歳とはいえ、0歳の赤ちゃんは旅行に連れて行ってもあまり理解できないだろうと思ったのです。

ですが、実際に行ってみると、自然の中で親子3人毎日一緒に行動することで、娘がすごく生き生きとしていて驚きました

全身で自然を感じ、動物と触れ合い、食事を楽しみ、たっぷり眠って、この旅で一回りも二回りも成長したように感じました。

離乳食やおむつ、授乳など、赤ちゃん連れの旅行は気を使うことも多いですが、物心つかないうちの家族旅行でも得られるものが多く、とても楽しかったです。

赤ちゃん連れの旅行に迷っていらっしゃる方には、ぜひ一歩踏み出していただきたいと思います。

赤ちゃん・子供連れ沖縄旅行でおすすめの旅行コース1日目」も参考にしてみてくださいね。