直島銭湯「I♥湯(I LOVE YU)」アートもお風呂も良かった!

スポンサーリンク

一般的に「銭湯」という言葉を聞いて、どんなイメージをしますか?おっちゃん、おばちゃんが入ってて昭和的な香りがする場所のイメージが強いと思います。

そんな銭湯ですが、銭湯のイメージが覆るようなところが直島にはあります。

有名な銭湯で「I♥湯(I LOVE YU)」というところです。直島唯一の銭湯です。ゲストハウスに泊まって、しっかりお風呂に浸かって温まりたいという方はこのI♥湯を利用しましょう。

I♥湯の外観について

I♥湯は、昔からある銭湯のような外観ではありません。明らかに普通の銭湯とは違う見た目です。お風呂に入ることなくても外観だけでも楽しめる場所です。

I♥湯は、大竹伸朗さんという方が作られたアート作品でもあります。

直島銭湯 I♥湯(I LOVE YU)の外観

カラフルすぎて何がなんだかわからないんですが、それがまたいい味出してるのかもしれません。奥にはゲストハウスのリトルプラムもあります。

直島銭湯 I♥湯(I LOVE YU)を横から見た外観

見上げてみると、建物の骨組みとか見えちゃってますけど、大丈夫なんでしょうか。

直島銭湯 I LOVE YUの外観

入口前では金魚も元気に泳いでます。

直島銭湯 I♥湯(I LOVE YU) ペンギンのモニュメントと金魚

受付の様子

私がI♥湯に来た時は、レンタサイクルで直島を1周した後で、結構疲れが溜まっていました。早速、中へ入りましょう〜。

直島銭湯 I♥湯(I LOVE YU)の受付

中に入るとすぐに受付があります。この日は左が女風呂、右が男風呂でした。もしかしたら時期や曜日によって入れ替わってるかもしれません。

直島銭湯 I♥湯(I LOVE YU)の受付

入浴券の買い方

受付すぐ右に券売機があります。大人510円です。他にもI♥湯のグッズも販売していました。両替機もあるので、大きなお金しかなくても大丈夫です。

直島銭湯 I♥湯(I LOVE YU)の券売機

券売機で入浴券を買ったら受付の方に渡しましょう。

I♥湯に入った感想

さすがにお風呂の写真は撮れませんので、言葉で感想を。

I♥湯のお風呂の中も、外観と同様にアート作品そのものでした。壁の上には大きな象がいたり、浴槽の中の床には絵が書かれていたりしました。

どこを見渡してもあるものすべてが作品の1つとして見ることができます。

肝心のお風呂は、熱すぎず・ぬるすぎずでちょうどいい湯温でした。心地よかったので、結構長い時間入ってました。

後から入ってきた人が先に出て行く、なんてこともありましたね。

普通に銭湯としても体の疲れがとれます。普通のお風呂に加えて、普段絶対に見れない景色が楽しめるのはI♥湯だけですね。

* * *

直島のことを他にももっと知りたい方は、以下のページで詳しくまとめています。
参考:直島への行き方・見どころ・ゲストハウス・ホテルまとめ

銭湯情報

住所:香川県香川郡直島町2252-2
宮浦港から徒歩2分ほどのところにあります。

I♥湯