直島町営バスの料金と目的地案内。迷わずに到着するためのガイドページ

スポンサーリンク

直島内の移動方法はいくつかあります。バス・徒歩・自転車。この中で最も移動しやすいのは自転車です。直島に2日滞在して思った感想です。

でも、最初は何にも知らなくて、直島町営バスに乗りました。宮浦(みやのうら)港から本村・ベネッセアートミュージアムの方へ向かうバスです。

このバス、わずか100円でどこのバス停でも行けます。節約を考えるなら、バスはかなりお得ですよ。

宮浦バス停の様子

直島町営バス乗り場

直島町営バスは、コンパクトです。十数人しか乗れないので、混雑すると乗れなくなる可能性があります。1時間に1本程度しか走っていないバスなので、乗れなくなるとキツいです。

直島はそれほど大きくない島なので、歩こうと思えば歩ける距離ですけどね。

直島バス つつじ荘ゆき

私は直島に到着した日、本村エリアにあるバンブーヴィレッジというゲストハウスに泊まる予約をしていました。下調べを特にしてなかったので、どこのバス停で降りれば分かりませんでしたので、適当に本村港というバス停で下りました。

本村港バス停

実際のところ、本村港バス停よりもその1つ前の農協前というバス停の方が近かったです。

行き先別の降車バス停ガイド

宮浦港から出ている直島町営バスに乗って観光する場合、どこに何があるのか分からないと思います。

直島に2日いて気付いたことがあるので、まとめておきます。

目的地と降りるバス停

  • 直島家プロジェクト → 農協前バス停
  • ベネッセアートミュージアム → 「つつじ荘」下車後、シャトルバスに乗り換え
  • 地中美術館 → 「つつじ荘」下車後、シャトルバスに乗り換え
  • 李禹煥美術館 → 「つつじ荘」下車後、シャトルバスに乗り換え

美術館方面は全部終点の「つつじ荘」バス停まで行けば大丈夫ですよ。

直島家プロジェクトを見たい場合は、農協前バス停を下車後、すぐ近くの受付でチケットを買いましょう。