レンタサイクルで直島を一周!自転車だからこそ行けた場所の景色まとめ

スポンサーリンク

直島の観光はレンタサイクルが最も便利です。それほど広くない島なので、自転車があればすぐに1周できてしまいます。

私は、レンタサイクルを宮浦港にある「カフェおうぎや」で借りました。レンタサイクルについては以下のページでまとめています。
参考:直島への行き方・見どころ・ゲストハウス・ホテルまとめ

レンタサイクルで直島をまわると、行動範囲が一気に広がるので、素晴らしい景色に出会える確率も上がります。私がレンタサイクルで見た景色、とくに海の景色を中心にまとめてみました。

晴れている時の直島を散策すると、こんな景色が見れるかもしれませんよ、ということが伝わればと思います。

堀内はるよ像

宮浦エリアの住宅街の一角にある公園で「堀内はるよ像」がありました。なぜ赤ちゃんを抱えているのかの理由は以下のページにありました。
参考:https://www.shikoku-np.co.jp/feature/shimabito/2/13/

直島 堀内はるよ像

山本うどん手前のため池と道路

宮浦港でレンタサイクルを借りて真っ先に向かったのは、うどんのお店「山本うどん店」です。山本うどん店の少し前に小さなため池がありました。

山本うどんを食べた感想は以下のページで。
参考:直島のうどんはこれで決まり!「山本うどん店」の山かけが美味しい!

直島 山本うどん手前の上り道

工場地帯を一周したあとの海辺の景色

山本うどん店でうどんを食べたあとは、直島の工場地帯まで足を伸ばしました。

一通り工場地帯の立入禁止手前のところまでを見て、そのまま道沿いに自転車を進めました。山をおりると道路沿いすぐのところに海がありました。

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、実際に見るとかなりいい景色です。晴れていたのも良かったですね。

直島の工場地帯から見る海沿いの道

直島の海

多分、ここからは海に入ってはいけないと思います。

直島の海岸通り

のどかな景色です。しかし、裏は工場です。

直島の景色

車もほとんど走っていないし、人も通っていない道路。車道の真ん中から写真撮ってみました。

直島の道路

広木池

しばらく自転車をこぎ続けると、本村エリアまで辿り着きました。
参考:直島観光の参考に!本村エリアの写真まとめ

本村エリアでまだ行ってなかったところへいってみました。その1つが直島ダムから地中美術館方面へ進む道にある広木池(ひろぎいけ)です。直島って、ため池が多いです。

直島の広木池

広木池を抜けると細い道になります。この先には地中美術館があります。

地中美術館の感想と行く時の注意点はこちら。
参考:直島の地中美術館はチケットセンターと美術館が別の場所になってるので注意!

直島の地中美術館への道

地中美術館近くから見る景色

地中美術館を過ぎてさらに進んでいくと、一気に下り坂になります。その坂道から海を一望できるんですよ。またその景色が素晴らしいこと!

地中美術館近くからの景色

地中美術館近くからの景色

坂を一気に下って行くと海岸通りになります。すぐそこに砂浜があって海水浴でもできそうです。潮の香りもしてました。

直島の海辺

しかし、これが現実・・・。

直島の海辺の現実・・・

別の海辺はきれいなところでした。

直島の海辺

そのまま自転車をこいでいくと、宮浦港が見えてきました。船も見えます。

直島の海岸通り

思ったよりもあっという間に直島を一周できてしまいます。

直島をぐるっと回るならレンタサイクルがほんとに便利だと思いました。歩くとさすがにクタクタになると思うので、レンタサイクルが一番です。厳しい上り坂はほとんどなかったです。

他にもまわってみたいという方は、私が直島滞在中にまわったところを参考にしてみてください。1ヶ所ごとに詳しくまとめています。

余談になりますが、私が直島でレンタサイクルを申し込んだカフェおうぎやは、変わったソフトクリームがあります。自転車で疲れた時や、出発前に食べてみるといいですよ。
参考:直島宮浦港の「カフェおうぎや」で珍しいラングドシャのソフトクリーム「クレミア」が美味しかった!

直島のレンタサイクルについては以下のページでまとめています。
参考:直島への行き方・見どころ・ゲストハウス・ホテルまとめ