衣笠の穴子丼を食べるためだけに播州赤穂へ。赤穂城跡も軽く散策

スポンサーリンク

2013年12月10日から、青春18きっぷが使えるようになったので、思いつきで岡山に行くことにしました。

いつも神戸駅から岡山に向かう時は、山陽本線(上郡・和気などを経由)を利用しているのですが、今回は赤穂線(播州赤穂・日生などを通る)経由で行きたいと思いました。

私は過去に赤穂に行ったことがあり、その時に食べた穴子丼の美味しさが忘れられず、4年ぶりにきました。

その時に食べたお店は「衣笠」というところで、播州赤穂駅から南の大通り沿いにあります。

衣笠の様子

お店の構えはこんな感じです。

赤穂 衣笠

中の雰囲気は昔ながらという感じで、特別変わったところはありません。机はこんな感じです。注文したのはもちろん「穴子丼(一尾:750円)」です。

衣笠の机

10分ほど待ったところで、穴子丼がやってきます。丼ぶりに入りきらないほどの大きさです!

穴子以外の天ぷらはナスとシソとレンコンでした。

4年ぶりに食べた穴子丼はやっぱり美味しかったですよ!

穴子丼

この衣笠というお店は蕎麦屋です。丼ぶりよりも蕎麦のほうが美味しいのかも。十割蕎麦についての案内もあります。

十割蕎麦

電車の待ち時間に赤穂を散策

播州赤穂に来たのは穴子丼を食べるためだけだったので、食べ終わったあとは、電車の待ち時間を使って赤穂城に行ってみました。

赤穂城も昔に来たことがありますが、久しぶりに雰囲気を味わってみると、初めて来た時と同じ感覚で、落ち着く感じがしました。

赤穂城

赤穂城の橋

キレイに敷き詰められた石垣は見事です。

赤穂城の石垣

見慣れないものもあり、よく見てみると、電飾でした。

夜になるとライトアップされて文字が浮かび上がるのでしょう。

夜はライトアップされるみたい

お城の入り口にはお茶屋もあり、いかにもな雰囲気が出ています。

赤穂城近くのお茶屋

播州赤穂駅に戻ってきたら、12月14日(2013年)に赤穂義士祭があるのを見つけました。

もし、興味を持った方は参加してみては?

赤穂義士祭があるみたい

散策中に赤穂名物である塩味まんじゅうを買いました。電車の中で食べる用です。

赤穂の塩味饅頭

添加物なし!素晴らしい!

塩味饅頭の原材料

中身はこんな感じです。食べさしですみません。少しずつ味わいながらいただきましたよ。

塩味饅頭の中身はこんな感じ

人生初の赤穂線を使い、岡山に向かいました。

この後、岡山の後楽園に行きます。次回の旅行レポートをお楽しみに!

書きました → 岡山の後楽園は12月でも素晴らしい!写真と動画での感想レポート