箱根関所をまわった感想と写真まとめ。遠見番所からの景色が見所!

スポンサーリンク

箱根海賊船に乗って、桃源台から箱根町港に着いたあと、どこに行こうか迷っていました。
参考:箱根海賊船で桃源台から箱根町港へ。海賊船の中はどうなってるかのレポート

そのあと、箱根町港周辺をフラフラと歩いていたら、箱根関所に辿り着きました。今まで全然知らなかったのですが、江戸時代に作られた関所の中でも有名なところのようです。

箱根にはそんな歴史も色濃く残っているんですね。旅先では数え切れないほど発見があります。

箱根関所入場まで

箱根関所

箱根関所の入園料は大人500円です。小学生以下の子供は250円です。箱根関所のチケットを買えば、箱根関所資料館も共通利用できます。

「成川美術館と箱根関所」「箱根神社宝物殿と箱根関所」というチケットもあります。

箱根関所の受付窓口

買ったチケットはこちら。「チケット」という名前ではなく「通行手形」なんですね。細かいところにこだわりを感じます。

箱根関所の入園チケット

京口御門から関所に入ります。2007年に復元されたということで、まだ建物がキレイですよね。

箱根関所の京口御門

 

箱根関所についての案内

厩(うまや)

箱根関所に入ってすぐに見えてきたのは、厩(うまや)です。馬の体を再現しています。現地に行くと分かりますが、ちょっとイラッとする案内もあります^^;

箱根関所の厩(うまや)

厩について。5頭いるはずが実際には2頭だけだったみたいです。

箱根関所の厩(うまや)についての案内

人が馬を世話している様子も再現されています。

箱根関所のうまやを再現

足軽番所

次に向かったのは足軽番所。

箱根関所

捕まった人が入ってたと言われる「獄屋(ごくや)」、中は狭くて暗いです。この中にいたら精神的に参るだろうな・・・。

箱根関所の獄屋(ごくや)

箱根関所の復元に使われた方法とクギについて書かれています。金輪継ぎ(かなわつぎ)という材木の組み合わせのやり方を使っています。そういえば、私の家の木材も金輪継ぎになっていることを思い出しました。

箱根関所 金輪継ぎ

足軽番所の休憩所

足軽番所の建物の中を見てみると、休息所がありました。

箱根関所

足軽たちがゆっくり休んでいる様子です。足軽たちが集まるとどんな話になってたんでしょうね〜。

箱根関所 足軽番所の休息所

足軽番所の建物の裏側に出ると、井戸がありました。 

箱根関所の井戸

遠見番所

足軽番所の裏側から遠見番所へと行くことができます。長〜い階段があります。

箱根関所の階段

見てください。この長い石段。普通の階段ではないので、階段よりも厳しいです。 

箱根関所の階段

石段は69段あります。ぜっけが見えるそうなので、登るしかないですよね。晴れてたら富士山も見えるかもしれませんが、この日は曇りなので見えなかったです。

箱根関所の階段をのぼると富士山が見えるかも

石段を登り切ったあと、さらに右手に10段ほどの石段がありました。そこを登れば絶景があります。

箱根関所 遠見番所

遠見番所がこちら。ここから遠くを見張ってたんでしょうね。

箱根関所の遠見番所

遠見番所についての説明。やはり芦ノ湖や街道を見張っていたそうです。

箱根関所の遠見番所について

遠見番所からの景色、素晴らしいです!これを見るだけでも、しんどい思いをして石段を登った価値がありました!

箱根関所を見下ろし、芦ノ湖を眺めれます。晴れてたらもっといい景色だったろうな〜。

箱根関所の遠見番所から見る景色

遠見番所から芦ノ湖を見た景色。海賊船が走ってますね。しかし、なぜに海賊船なんだ・・・

遠見番所からの景色

矢場

遠見番所を降りて再び順路通り奥へ進んでいきます。見えてきたのは矢場です。ここで、弓や鉄砲の練習をしていたそうです。

箱根関所の矢場

たくさん練習していたということは、芦ノ湖の底には鉄砲の玉や弓矢が落ちているかもしれませんね。

箱根関所の矢場跡

御番所茶屋

奥へ進むとお茶屋がありました。「御番所茶屋」というところです。美味しそうなものがたくさんあったのになぜか入りませんでした。

今思えば、ここで休んでいけば良かった・・・。下の写真右下にある「みたらし団子アイス」の存在に写真を見てようやく気付きました。

箱根関所 御番所茶屋

お茶屋の建物はこんな感じ。これは観光客用に建てたんでしょうね〜。

箱根関所の御番所茶屋 外観

お茶屋の建物の奥に行くと、すぐそこに芦ノ湖があります。上からの眺めもいいけど、間近に見る芦ノ湖もいい景色です。

箱根箱根 御番所茶屋から見る芦ノ湖の景色

箱根関所資料館

さらに奥に進むと、箱根関所資料館があります。資料館の中は撮影禁止です。

箱根関所

資料館では、当時の出来事を振り返って、歴史を学べます。こんな時代がったのか・・・と思わされ、今の環境がいかに恵まれているのかを改めて感じれます。

住所・地図

住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根1

箱根関所

* * *

箱根観光についての関連ページはこちら。