JCB EITは海外旅行傷害保険が自動付帯!一切使わなくても持つ価値アリ

スポンサーリンク

海外旅行が多い方にとっては、旅行中の保険が少しでも手厚い方がいいです。

特に、旅行中に病気になってしまった時の治療費用に関しては手厚ければ手厚い方がいいです。

この治療費用は、海外旅行傷害保険が自動付帯のカードを複数枚持っていると、合計額が保険金になります。

JCB EITは、治療費用の保険を手厚くするためだけに持っておく価値のあるカードですよ。

JCB EITは年会費無料

JCB EITは、海外旅行傷害保険が自動付帯になっているにも関わらず、年会費無料で持てるクレジットカードです。

一切クレジットカードを使わなかくても、保険は自動付帯なので、何かあった時は適用されます。海外旅行の保険代わりに持っててもいいぐらいです。

気になる治療費用の保険は最高100万円までとなっています。その他の保険も含めた最高の保険金額は以下の通りです。

  • 死亡障害:2000万円
  • 治療費用:100万円
  • 救援者費用:100万円
  • 賠償責任:2000万円
  • 携行品損害:20万円

リボ払い専用カードなので利用時に注意

年会費無料で持てるのは素晴らしいですが、カードを使って買い物をする時は注意が必要です。

というのも、リボ払い専用カードになっているので、手数料が掛かってしまいます。どうしてもJCB EITで買い物する場合は、引き落とし前に、一括払いに変更するよう問い合わせしてください。

もしくは、入会後に支払いを「全額コース」に変更すれば全て一括払いになります。

私なら、一切カードを使わずに海外旅行傷害保険専用カードとして割り切ります。海外旅行傷害保険の面ではものすごく優秀なカードで、持っておく価値は十分にありますよ。

ショッピング保険もある

また、JCB EITでは、買い物した時の保険「ショッピング保険」があります。年間最大100万円まで補償されます。

JCB EITで購入した商品が、万が一盗難・火災・破損などがあった場合に保険金が出るというありがたい仕組みです。

その代わり、海外で買い物した商品は1万円の自己負担があります。国内の場合は3,000円の自己負担です。何かあった時は、この自己負担額と比較して保険を適用するかどうかを決めてくださいね。

さいごに

JCB EITのEITは「8」の意味で、他にも特徴が多いカードです。私はその中でも特に海外旅行傷害保険がおすすめだと思うので、そこをメインに紹介しました。

ホント、海外旅行傷害保険だけでも十分すぎるほど価値があると思います。

他の特徴も含めて詳しく知りたい方は、JCB EITの公式サイトを見ていただければよく分かりますよ。

▼JCB EITの詳細ページ・申込はこちら▼

海外旅行傷害保険があるクレジットカードをまとめたページもあります。
参考:普段使いにも便利!海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカード一覧