東京メトロで簡単にANAマイルを貯めれるカード「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」が旅行好きに便利!

スポンサーリンク

国内・海外問わず旅行する時には飛行機に乗ることがあると思います。

今はLCCで格安航空券を手に入れるのも簡単になりましたが、まだまだこれまでのANAやJALを使う方もいると思います。

今回は、普段からANAを使う方がお得に飛行機に乗れるクレジットカードを紹介します。「ANA To Me CARD PASMO JCB(別名:ソラチカカード)」です。

東京メトロに乗ることが多い方はこのカードが必須なのではと思うほどです。

東京メトロ乗車でメトロポイントがあり得ないほど貯まる

普段から東京メトロに乗ってお出かけされている場合、Suicaよりもソラチカカードを使った方がいいです。

ソラチカカードにはPASMOの機能があり、1回乗車するごとにメトロポイントが貯まります。平日だと1回の乗車で5ポイント、休日だと1乗車で15ポイントも貯まります。

電車に乗ってあちこち出かけるだけでどんどんメトロポイントが増えていきます。

メトロポイントからANAマイルへの交換がレートお得

メトロポイントは、ANAマイルに交換できます。メトロポイントと聞いても「?」だったかもしれませんが、ANAマイルに交換できると聞くと、断然価値が変わってくると思います。

交換レートは、100メトロポイント=90マイル

東京メトロに乗車するだけで4.5マイル、13.5マイル貯まると思うとどうでしょうか?かなり価値あるカードに思えてきますよね。

ソラチカカードのポイント

Oki Dokiポイントもマイルに変換できる

ソラチカカードを使うと、1,000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。

マイル自動移行コースの設定をしておくと、PASMOのオートチャージ時や定期券を買った時に自動的にマイルが貯まります。

10マイルコースを選択した場合は年間2,160円の手数料がかかりますので、5マイルコースとどちらを選ぶかは慎重に判断する必要があります。

ソラチカカード

 

マイルは国内・国際線航空券に交換できる

コツコツ貯めてきたANAマイルはいろいろなものに交換できます。ここでは航空券に絞って紹介します。

7,500マイル貯めると国内線、12,000マイル貯めると国際線の特典航空券に交換できます。

カード入会時、翌年移行継続してカードを持つ場合にボーナスマイル(1,000マイル)がもらえるので、それも合わせて貯めていくと案外すぐに航空券と交換できると思います。

初年度年会費無料で、2年目以降年会費2,160円です。ボーナスマイルを考えたら年会費がかかることはあまり気にならないと思います。

帰省などでANAの飛行機に乗る機会や、普段はローコストで旅行してるけど、たまにはマイルを使って旅行してみたいという方はぜひ活用していただければと思います。

マイルを使って旅行を楽しく

普段の生活の中でマイルを貯めて、いざ旅行する時に使う。マイルの一番いい使い方だと思います。

ソラチカカードを使って、少しでもコストを安くして旅行すれば、現地でよりいろいろなことにお金が使えて楽しめることが増えます。

東京メトロをよく使うであろう関東圏にお住まいの方は1枚持っておくと役立つカードですよ!

▼ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を手に入れる▼