台湾のゲストハウス(Eight Elephants Hostel)でコワーキングしようとした話

スポンサーリンク

台湾で仕事するスペースはないのかな?と思ってコワーキングスペースを探していました。

探していたら、ゲストハウスとコワーキングスペースが一体型になっているという表記があるところを見つけたので、行ってきました。

Eight Elephants Hostelというところです。行ってみていろいろとハプニングがありましたので、それも含めて紹介します。

行く途中の道と外観について

Eight Elephants Hostelは、台北のMRTの古亭駅が最寄り駅です。駅から向かう途中の道はこんな感じです。

台湾 Eight Elephants Hostel

途中で細い路地に入っていくので、分かりにくいかもしれませんが、ゲストハウスの玄関はここになります。

よく見ると「Eight Elephants Hostel」と書いていますので、インターホンを鳴らして入りましょう。受付のスタッフが来てくれます。

台湾 Eight Elephants Hostel

ゲストハウス内の様子

ゲストハウスの中に入ってみると、日本のゲストハウスの雰囲気に近くてアットホームな感じでした。

台湾 Eight Elephants Hostel

リビングではニュージランド人とシンガポール人が仲良く会話してました。私も少しだけ話をして、あとは仕事をしてました。

仕事をする私の様子が写っています。

台湾 Eight Elephants Hostel

せっかくの機会ということで、スタッフが好意でゲストハウスの中を案内してくれました。

冷蔵庫やキッチンが充実していますね。

台湾 Eight Elephants Hostel

台湾 Eight Elephants Hostel

Eight Elephants Hostelでは、別館もあって、そちらも案内してくれました。

台湾 Eight Elephants Hostel

スタッフがコワーキングを知らなかった

実は、ゲストハウスの中に入ってスタッフにコワーキングしたいということを伝えたら、誰も知らずに混乱するというハプニングがありました。

みんな頭の中が「?」になってる感じです。慣れない英語で話しつつ、ホームページに書いてある情報を見せたら、ようやく納得してくれて、1日自由に使っていいよ、と言ってくれました。

事情を分かってくれてからは親切に対応してくれて、上で紹介したようなゲストハウス内を案内してくれました。

こちらが当たり前と思っていても、相手が知らないということがあります。この経験はなかなか貴重でしたね。

* * *

台湾に住んでいる人との交流があった話は、他にもあります。
参考:airbnbのゲストと台湾で再会して日々の生活や文化について聞いた話