高速バス予約サイト「バスぷらざ」の予約手順を画像付きで解説

スポンサーリンク

2014/5/16〜18にかけて、直島と高松周辺を旅行してきました。

その時、高松から神戸に帰る時に今まで使ったことがなかった高速バスを使ってみました。高松から神戸は距離が近いので、わずか2〜3時間で行けます。

今回、バスを予約するのに使ったのは、バスぷらざというサイトです。このページではバスぷらざの使い方を紹介していきます。

バスぷらざの予約手順

予約したい路線を検索して、決定すると予約の画面になります。

バスぷらざの予約画面

今回は片道予約したので、以下のような画面が表示されます。

バスぷらざの予約画面

次は予約内容の確認です。

バスぷらざでの予約

次の画面で、クレジットカード情報の入力を行います。セキュリティが確保されている画面なので、安心して入力してください。

バスぷらざの予約画面

これで予約が完了しました。最後にマイページに行き、乗車表を印刷しておきましょう。乗車表がないとバスに乗れません。

私はバスに乗る1時間前に慌ててセブンイレブンのネットプリントを使って印刷して事なきを得ました。

バスぷらざの予約完了画面

深夜でなければ、高速バスは便利かも

私は過去何度か深夜の高速バスを利用したことがあります。キツキツの4列もゆったり目の3列も利用しましたが、個人的にはあまり合わない感じです。

それ以来、バスから遠ざかってましたが、わずか数時間で、しかもその日中に目的地に着くバスだと快適なことに気付きました。割と遅い時間までバスが出てたので、帰る日もギリギリまで高松の散策を楽しむことができました。

私が乗ったバスはたまたま電源も付いてたので、パソコンやデジカメの充電もしつつ、仕事も少しできました。移動時間をムダに過ごすことにならなかったのも良かったです。

私は神戸に住んでいるので、また近場での利用でバスを使ってみようと思います。新幹線が走ってないところだと、結局バスが一番便利なんですよね。

バスぷらざのページはこちら