高松のレンタサイクルが6時間100円、24時間200円と激安すぎる件

スポンサーリンク

香川県の高松を観光する機会があれば、絶対に知っておいて欲しいことがあります。知っておかないと損!なぐらいの情報だと思います。

レンタサイクルが激安!

それは、レンタサイクルの料金です。高松のゲストハウス「ちょっとこま」に泊まった時にオーナーさんから聞きましたが、信じられない安さです。

6時間100円、24時間200円という安さです!

ちょっとあり得ないですよね。高松よりレンタサイクルが安いところ、日本にあるんでしょうか?それぐらいの安さです。仮に1ヶ月間ずっと借りていても6,000円にしかならないですからね。

高松のレンタサイクルの仕組み

高松のレンタサイクルがこれほど充実しているのには理由があります。行政が力を入れて運営しています。

自転車を共有することで自転車の総数を抑制し、放置自転車を減らすとともに、自転車を近距離公共交通機関として市民の利用に供するため実施しています。

via: http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/18197.html

要は自転車をみんなでシェアして、近距離の移動は全部自転車を使おうよ。という取り組みです。これ、素晴らしいと思います。

高松に住んでいると自転車を所有する必要がなくなります。定期利用だと3ヶ月で5,500円しか掛かりません。自分でメンテナンスする必要もないので、相当安いです。

観光客用の一時利用でも24時間で200円です。何日借りてても1日ごとに200円しか掛からないので、長期間借り続けてても法外な値段になることはありません。

高松のレンタサイクル料金

レンタサイクルの申し込み手続き

高松でレンタサイクルを使うためには有人のサイクルポートに行かないといけません。一番いいのは高松駅前にある地下のサイクルポートです。

受付はこんな感じです。受付でレンタサイクルを使いたいことを伝えて、利用登録の手続きをします。身分証明証が必要になるので、免許証などを持っておきましょう。

最初のレンタサイクルの申し込み手続きだけ、時間が掛かります。書類を書いて、身分証明証を提示して、レンタサイクルの利用ルールについてのビデオを3分ほど見ないといけません。

そこまでの手順を終えて初めてレンタサイクルを使うことができます。

高松のレンタサイクル窓口

ちなみに、レンタサイクルの登録が完了すると、以下のようなレンタサイクル利用証がもらえます。

この利用証がないと自転車に乗れないし、料金が払えなくなってしまいます。レンタサイクルに乗っている時には絶対に無くさないでくださいね。

高松のレンタサイクル利用証

カオスなレンタサイクル置き場

高松駅前のサイクルポートは、かなり広くて数えきれないほどの自転車が所狭しと置かれています。余裕で1,000台以上あると思います。

その中で、レンタサイクル用の自転車を選んでください。

高松のレンタサイクル置き場

最初はちょっと分かりにくいですが、床に「レンタル」とテープが貼られているので、それを目印にして探せば大丈夫です。

高松 大量のレンタサイクル

そういえば、自分が乗った自転車の写真を撮るのを忘れてました・・・。

このあと、自転車に乗って、栗林公園屋島へと散策に出掛けることになります。1日限りのレンタサイクルでしたが、20〜30kmぐらいは移動したと思います。日焼けするほど自転車に乗ったのは学生の時以来かも!

返却は7ヶ所どこでもOK

借りたレンタサイクルは以下の7ヶ所であれば、どこでも返却できます。高松駅で借りて、栗林公園で返却することも可能です。自由度の高さが魅力的ですね!

  • 高松駅前広場地下レンタサイクルポート(有人)
  • 瓦町駅地下レンタサイクルポート(有人)
  • 市役所レンタサイクルポート
  • JR栗林駅前レンタサイクルポート
  • 栗林公園駅前レンタサイクルポート(有人)
  • 片原町駅前レンタサイクルポート
  • 丸亀町レンタサイクルポート

私は高松駅で借りて、高松駅で返しましたが、同じ場所で返却する必要はありません。

* * *

レンタサイクルを使って観光した場所は、以下の通りです。レンタサイクルを使えば、1日でかなりいろいろな場所を回れますね!

参考:高松の栗林(りつりん)公園の美しい日本庭園に感動!写真をまとめてみた
参考:高松城跡と玉藻(たまも)公園の景色が思ったよりも良かったので写真をまとめてみた
参考:高松の美しい景色!瀬戸大橋通りから見る海の景色が素晴らしい!
参考:屋島をレンタサイクルのママチャリだけで一周した話と途中寄った場所まとめ