壮観!兵庫の北条町にある五百羅漢が表情豊かで見てて飽きない

スポンサーリンク

北条鉄道で北条町駅に着いた時、どこが名所なのか全く知りませんでした。
参考:人生初の北条鉄道乗車!所要時間22分でローカル線ならではの景色の良さを楽しめた!

駅員さんに近くの観光情報を聞いたら、五百羅漢が有名でおすすめという話をしてたので、その言葉を信じて行ってきました。

駅員さんの言うとおり、確かにおすすめできる場所でした!こんな景色はなかなか見れないと思いました。

五百羅漢への道

五百羅漢は、北条町駅から歩いて行くと20分ほどかかるところにあります。私は、駅でレンタサイクルを借りたので、それほど遠くに感じることもなく、五百羅漢まで行けました。

五百羅漢は、住吉神社を過ぎたところに細い道があり、そこを入っていきます。

五百羅漢への入口

途中で、中学校と小学校が道の両脇にあります。学校エリアを抜ければ、五百羅漢はすぐ右手です。

五百羅漢へ続く道

入口から受付まで

五百羅漢がある羅漢寺に着きました。11月は紅葉がいい感じに色付いていますよ。

五百羅漢の入口

五百羅漢について詳しく知りたい方へ。

五百羅漢について

入って右手に受付があります。拝観料は200円です。お土産を買うこともできますよ。

五百羅漢の受付

買った入場券はこちら。

五百羅漢入場券

受付を終えたら早速見に行きましょう。下の写真のような感じで、中は自然がたくさんです。

庭園

進んでいくとお堂がありました。

お堂

五百羅漢の景色

さらに進むといよいよ五百羅漢が見えてきました!これはすごい景色だ・・・。

五百羅漢、誰がいったい何のために作ったのかが明らかになっていません。不思議ですよね。

とにかく数が多いです。もちろん、1つ1つ顔が違います。親の顔が見たけりゃ、加西の五百羅漢に行ってみよう、というのがよく分かります。

五百羅漢

表情も身長も手の形も全部違います。

五百羅漢

中は通路になっているので、ゆっくり歩くこともできます。

五百羅漢

紅葉もキレイです。

五百羅漢ともみじ

奥の中心にいたお地蔵さん。

五百羅漢

後ろから見てもすごい景色だ・・・。

五百羅漢

五百羅漢

経年による色の変化も人間と同じみたいで、よりリアリティがあります。

五百羅漢

中には怖い顔の羅漢もいました。

五百羅漢

肩に苔が乗っている羅漢もいまいsた。

五百羅漢

重要なお地蔵さんは、真ん中に置かれていました。1体ごとに名前があります。

五百羅漢

五百羅漢

夜に五百羅漢に行ったら怖いだろうな・・・。

五百羅漢

みんなこっちを見てるように見えます。

五百羅漢

五百羅漢

来迎二十五菩薩。

五百羅漢

五百羅漢

文字通り、五百は羅漢がいるよなぁ。すごい。

五百羅漢

ふれ愛観音

五百羅漢を一通り見終わって、順路を進んでいくと、小さなお堂がありました。

ふれあい地蔵のお堂

そこに居たのはなんともかわいらしい、ふれ愛観音というお地蔵さん。金色が目立ちます。文字通り、触れていいそうです。

ふれあい地蔵

さらにもう1つお堂がありました。

五百羅漢

看板猫がいたよ

一通り見終わって、五百羅漢をあとにしようと思ったら、ここで飼われていると思われる猫がいました。鈴が付いています。

じっと見てたら、こちらを警戒しているような感じでした。

警戒しつつも、人馴れしているからか、逃げようとはしませんでしたよ。

五百羅漢

この猫、五百羅漢のもう1つの名物かもしれませんね。

羅漢寺(五百羅漢)の情報

住所:兵庫県加西市北条町北条1293

* * *

北条鉄道を使っての周辺散策も楽しいですよ。

参考:人生初の北条鉄道乗車!所要時間22分でローカル線ならではの景色の良さを楽しめた!
参考:法華口駅舎内のパン屋「モン・ファボリ(Mon favori)」で米粉パンを買った話