東京に来るとつい乗りたくなる、Uber(ウーバー)にまた乗ってみました。2回目の体験記

スポンサーリンク

海外で始まったタクシー配車サービスの「Uber」。日本では、今のところ東京だけサービスを展開しています。

前回一度Uberを利用して、とても便利でストレスなく乗れたので、また東京に行った時に使ってみました。2回目の利用です。
参考:Uber(ウーバー)で高級タクシーに乗ってみた!配車リクエストのやり方について解説

この時は、東京の十条で日が変わる12時近くまで居酒屋をはしごしていました。その後にホテルのチェックインをする予定でした。目的地となる場所へ行くのに、電車だと面倒に感じたので、Uberを使ったというのが今回利用した理由です。

東京の電車、慣れてないと理解できないですよね。

最初は途中まで電車でいくつもりが、電車の路線図の理解不足と電車での移動の面倒くささに嫌気がさして、高田馬場で降りてUberを呼びました。
参考:Uber(ウーバー)で高級タクシーに乗ってみた!配車リクエストのやり方について解説

iPhoneアプリで呼び出して、待つこと10分弱・・・。思ったよりも早く到着しました!深夜で、あまり写真がうまく撮れていませんが、今回乗ったタクシーも高級感あふれる車でした。

シートがふかふかで快適なんですよね〜。タクシーを呼んだ時は既に日が変わってて、眠気もピークでした。タクシーが快適過ぎて寝てしまいそうになるほど・・・。

Uberの車

30分ほどタクシーに乗って、無事に目的地に辿り着けました。

気になる料金は税込みで7,869円でした。ちょっと高いですが、クーポンが6,000円分あったので、実際の出費は1,869円で済みました。

Uberの領収証 

Uberの領収証

領収証は、タクシーを降りたあと数分以内にメールに届きます。Uber内で決済してくれるので、タクシーの運転手とお金のやりとりをすることはありません。

お互いにお金のことを気にしないので、精神的に楽です。普通のタクシーだと、運転手がワンメーターでも上げようとすることがありますが、そんなことは一切ないです。

私はほとんどタクシーに乗らないので、深夜での相場観が全く分からないですが、上の料金は安いでしょうか、高いでしょうか?

→ Uberに登録して、2,000円分のクーポンをもらう

* * *

Uberの登録手順は以下のページでまとめています。
参考:高級タクシー配車サービス「Uber(ウーバー)」の登録手順

前回の乗車体験記はこちら。
参考:Uber(ウーバー)で高級タクシーに乗ってみた!配車リクエストのやり方について解説