東京ヒュッテ(TOKYO HUTTE)に3泊した感想とゲストハウス内の写真まとめ

スポンサーリンク

2014/8/21〜24まで東京に行ってました。その時の宿泊に利用したのが新しくできたゲストハウスの「東京ヒュッテ(TOKYO HUTTE)」です。

3日間泊まった感想とゲストハウス内の様子について詳しくレポートしていきます。

東京ヒュッテの外観

東京ヒュッテは、東京スカイツリーがある押上駅が最寄りになります。出口が近ければ、徒歩2〜3分ほどで到着する場所です。

その代わり、押上駅の地下は複雑なので、移動はちょっと大変かもしれません。

東京ヒュッテは茶色の建物で目立っています。

東京ヒュッテ 外観

近くまで行くと、透明のガラス越しに中が見えます。イメージしやすくなっているのがいいですね。オシャレな外観です。

東京ヒュッテの外観

コーヒーやビールもあり、夜はゲストたちの交流の場所とバーを兼ねています。

コワーキングスペースもある

お昼の時間帯はコワーキングスペースとしても使える場所になっています。滞在中は毎日外に出ていたので、利用はしませんでしたが、仕事をしたい場合はこのスペースが便利ですよ。

東京ヒュッテ コワーキングスペース

ソファでくつろぐこともできます。

東京ヒュッテ リビング

ゲストハウス部分の紹介

1階は共用スペースになっていて、ゲストハウス(宿泊)は2階になります。ちょっと長めの階段をのぼっていきます。

東京ヒュッテ 2階への階段

階段をのぼって、靴を脱ぐと洗面台が4台並んでいます。4台あるので、並ばずに使えます。といっても、同時に4人も使っている様子はなかったですけどね。

東京ヒュッテ 洗面台

奥には冷蔵庫がありました。自分の飲み物に名前を書いて保管することができます。右下には燃えるゴミ・プラスチックごとにゴミ箱がありました。ゴミ捨てはここで。

東京ヒュッテ 冷蔵庫とゴミ箱

冷蔵庫の裏には3階の屋上へのぼる階段がありました。タバコを吸われる方はこちらで。

東京ヒュッテ 3階への階段

2階の全体図はこちら。

東京ヒュッテ 注意事項

お風呂・シャワー

東京ヒュッテはシャワー室も多く、私の見た限りでは2つありました。実際は3つあるそうです。奥にあるお風呂を兼ねたシャワー室はワンルームのマンションのお風呂並みの広さがありました。

東京ヒュッテ 更衣室

お風呂がこちら。

東京ヒュッテ お風呂

シャワーがこちら。シャンプー、ボディーソープなども揃っていました。

東京ヒュッテ シャワー

ドミトリーの様子

寝るところはドミトリーだけで、よくある2段ベッドのタイプと畳の上に寝るタイプが混在していました。

細かくは写真でお伝えできないですが、以下のような感じです。

東京ヒュッテ ドミトリールーム

私が泊まったドミトリーがこちら。2段ベッドの下でした。脇にプライベートを保つための簡易カーテンがありました。これ、便利でしたよ。

ベッド内にライトもあったので、ここでちょっと仕事したりもしました。

東京ヒュッテ ドミトリーの寝室

ちなみに、シーツの敷き方が分からない方は以下のページを参考に。
参考:ゲストハウスのドミトリーでシーツの敷き方が分からない方へ

泊まった感想

東京ヒュッテには3泊しました。なぜか1泊目はほとんど寝れずに1晩を過ごしてしまい、翌日の午前中はフラフラで大変でした。

今思うと、原因はおそらくホコリによって鼻がやられてしまい、呼吸に対する意識が強くなりすぎたことだと思います。

それを踏まえて翌日以降はあまりガサガサせず、ホコリを出さないように心掛けました。そのおかげか、あとの2日は良く眠れました。

私以外で泊まっている方は大半が外国人でした。日本語が聞こえたのは最後の1日だけでした。フランス語や中国語がよく聞こえてました。

今回は、私がほとんど外出していたこともあり、共用スペースを使うことがほとんどありませんでした。

帰ってきた時もそれほど人がいるわけでもない感じでした。近所のサラリーマンっぽい人が大声で話している日もありましたが、ゲストハウスならではという時間は今回なかったですね。

滞在中、どう過ごしたか?

東京ヒュッテに滞在中は、ほとんど外に出ていて、人と会ったり、イベントに参加していました。私が東京に行く時はいつもそんな感じですね。

滞在中に行った場所を下にまとめています。

→ 東京ヒュッテ(TOKYO HUTTE)の詳細ページ