直島から高松ゆきフェリーのチケットの買い方

スポンサーリンク

1泊2日の直島滞在を終え、次は高松へ向かいます。宮浦港から高松へフェリーが出ています。

岡山県の宇野と宮浦港を結ぶフェリーは本数が多いですが、それと比べると高松を結ぶフェリーは少ないです。

自動券売機で買える

高松ゆきの乗船券は宮浦港の自動券売機で買えます。小銭や1,000円札で買う場合は自動券売機が楽です。

それ以上の大きなお金しかない場合は、受付で買いましょう。私は偶然1,000円札がなくて受付で買いました。

片道520円、往復の場合は970円と少し安くなります。

高松ゆきのフェリー 自動券売機

直島宮浦港の時刻表

直島から高松へ向かう船は最大で1日9本しかありません。私が乗ったのは17:00ちょうど発のフェリーです。最終の小型旅客船でも良かったんですけど、揺れすぎると怖いので大型船に乗り込みました。

直島宮浦港から出発するフェリーの時刻表

直島から豊島(てしま)犬島ゆきの船も出ています。

直島から豊島・犬島ゆきの時刻表

高松ゆきの乗船券

買った乗船券はこちら。片道520円です。

直島から高松への乗船券

船を待っている時は、カフェおうぎやでソフトクリームを食べたりしてました。
参考:直島宮浦港の「カフェおうぎや」で珍しいラングドシャのソフトクリーム「クレミア」が美味しかった!

あとは今後の仕事のことをちょっと考えたり・・・。

グッバイ直島

ということで、直島滞在もこれで終了です。船に乗り込みます。だんだん日が暮れてきました。

直島に着いたフェリー

船が出発すると、シンボルの赤いかぼちゃもだんだん遠ざかっていきます。

直島を出発するフェリー

港がだんだん小さくなっていきます。

グッバイ直島

夕日を眺めながら直島から高松へと向かいます。さすがにまぶしいので、その後はフェリーの中に入って、たまたま映ってた大相撲をテレビ観戦しました。

テレビを持ってないので、大相撲をテレビ観戦したのは一体何年ぶりだろうか・・・。

直島から高松へ向かうフェリーでの景色

直島の滞在は1泊2日だけでしたが、ブログで振り返ってみるととても濃い時間だったな〜と思います。

直島について詳しく知りたい方は、以下のページから直島の各場所についての様子が分かるようになっていますのでぜひ。
参考:直島に関する記事一覧