国内バックパッカー旅行者向けに役立つ銀行口座一覧 ATM手数料無料の銀行と下ろせる場所まとめ

スポンサーリンク

国内、海外問わず、長期間旅をしていると、途中でお金がなくなって、銀行からお金を下ろすことがあると思います。

その時に、どこにATMがあって、どこが使えるのかや、かかるATMの手数料を把握しておくことが大切です。旅の資金を少しでも浮かせて、必要なところにお金をかけるために、ムダなところにお金を使わないようにすることが大切です。

このサイトは、日本国内のゲストハウスを紹介しているサイトなので、国内で使える銀行について紹介していきます。

おすすめしたい銀行の一覧

もし今、メガバンクを使っているのであれば、このページを一度見て、今の手数料を比較してみて欲しいです。

ここから紹介する銀行は、使い方次第でATM手数料を1円も払わず、無料で使えるものばかりです。

これらの銀行口座のいずれかを持っていれば、ATM手数料を払うことなくお金を下ろすことができます。

金色のすすき

どこのATMが使えるの?手数料は?

これらの銀行、ネット銀行も多く含まれているので、どこの銀行でお金を下ろせばいいのかが分からない方もいると思います。

ここからは、銀行ごとにどこのATMが使えるのかをまとめていきます。

住信SBIネット銀行

まずは住信SBIネット銀行から。住信SBIネット銀行では、以下の5種類のATMでお金を下ろせます。

  • セブン銀行(セブンイレブン)
  • ゆうちょ銀行
  • イーネット(ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクスなど)
  • ローソンATM
  • ビューアルッテ

メガバンクのATMは使えないですが、大手コンビニのATMやゆうちょ銀行のATMが使えるので、かなり範囲は広いです。近くにお金を下ろすところがない・・・と悲しい思いをすることはまずないでしょう。

ゆうちょ銀行であれば、どんな田舎でもありますからね。

ATM出金手数料は以下の通りです。

  • セブン銀行:無料
  • ゆうちょ銀行:月5回まで無料 (6回目から108円)
  • イーネット:月5回まで無料 (6回目から108円)
  • ローソンATM:月5回まで無料 (6回目から108円)
  • ビューアルッテ:無料

住信SBIネット銀行は、よほど頻繁にお金を下ろさない限り、ATM出金手数料が無料と思っても大丈夫です。

▼住信SBIネット銀行の口座開設はこちらから▼

新生銀行

新生銀行では、以下のATMが使えます。

  • 新生銀行のATM
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • ビューアルッテ
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 三井住友信託銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • みずほ信託銀行
  • あおぞら銀行
  • 商工中金
  • かながわ信用金庫

他のどの銀行よりも使えるATMが多いです。日本国内のATMほとんどに対応しているのではないかと思うほど。

しかもこれらどこの銀行でお金を下ろしたとしても、無条件でATM手数料0円です!月に10回、20回とお金を下ろそうが無料なんです!

ATM手数料だけ見るなら、一番いい銀行なのは間違いありません。

▼新生銀行の口座開設はこちらから▼

楽天銀行

楽天銀行では、以下のATMが使えます。

  • イオン銀行:216円
  • セブン銀行:216円
  • みずほ銀行:270円
  • ゆうちょ銀行:270円
  • イーネット:270円
  • ローソンATM:270円

楽天銀行だと、イオン銀行ATMやみずほ銀行のATMまで使えるので、対応範囲が非常に広いです。ネット銀行の中では知名度があります。

ATMの出金手数料は基本的に有料ですが、前月の資産残高によってATM出金手数料が無料になる回数が変わります。

  • 10万円未満:0回
  • 10万円以上:1回
  • 50万円以上:2回
  • 100万円以上:5回
  • 300万円以上:7回

ただし、口座開設から6ヶ月間であれば、100万円未満の口座残高であっても月5回までATM出金手数料は無料です。

▼楽天銀行の口座開設はこちらから▼

じぶん銀行

じぶん銀行では、以下のATMが使えます。

  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行系列のネットバンクなので、三菱東京UFJ銀行が使えるのが大きな特徴です。

どのATMであっても月1回だけお金を下ろすのであれば、手数料は無料です。ゆうちょ銀行は月1回だけ無料で、その他のATMは月3回まで手数料無料です。

  • 月3回まで無料:セブン銀行・イーネット・ローソンATM・三菱東京UFJ銀行(108円)
  • 月1回まで無料:ゆうちょ銀行(216円)

無料の回数を超えてお金を下ろす場合は手数料がかかります。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行では、以下のATMが使えます。

  • セブン銀行
  • イーネット
  • @BANK(九州地区除く)
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

三井住友銀行でジャパンネット銀行のお金を下ろせるのが特徴です。

ジャパンネット銀行は、月1回なら無条件でATM出金手数料が無料になります。問題は2回目以降です。2回目以降は出金額によって、手数料が異なります。

3万円以上一度に下ろすのであれば、月に何度お金を下ろしても無料です。このルールを知っておくだけで、ジャパンネット銀行ではATMの手数料を一切気にする必要がなくなります。

分かりやすい手数料の仕組みがいいと思います!

ちなみに、2回目以降で3万円未満の出金の場合、ゆうちょ銀行ATMは324円、それ以外のATMは162円かかります。

▼ジャパンネット銀行の口座開設はこちらから▼

さいごに

以上、5つの銀行ではATM手数料無料でお金を下ろすことができます。長旅する時はどうしてもお金がかかるものです。

1円でも安くして、本当に必要なところにお金をかけれるようにするためにも、ATM手数料にはお金を使わないようにしましょう!

1回あたりの出金手数料は微々たる金額かもしれません。ただ、積み重なるとバカにならない金額です。ATMの手数料が10回、20回と積み重なると、ゲストハウスだと普通に一晩泊まれます。

ゲストハウス一泊にして考えてみると、ATM手数料がいかに高いか分かりますよね。

ATMにはお金を使わなくてもいいんです!これだけでも覚えておいて欲しいです。