高松のゲストハウス「ちょっとこま」はオーナー夫婦の人柄が出た居心地いい場所

スポンサーリンク

2014/5/17に、高松のゲストハウス「ちょっとこま」に宿泊してきました。前日の直島のバンブーヴィレッジに続き、2日連続のゲストハウスでの宿泊です。

実家に帰ったような、そんな気持ちになってゆっくり過ごせる場所でしたよ。

ちょっとこまへのアクセス

ちょっとこまはJR高松駅から歩いて行くこともできます。もしくはJR高松駅から高徳線に乗り、1駅先の昭和町駅からでもOKです。

私は高松駅から歩いて行きました。歩くと20分ほどかかり、荷物が多いと結構しんどいです。昭和町駅からだと5分もかからないし、近いので、徒歩で行く場合は昭和町駅を使った方がいいですよ。

ちょっとこまのオーナーさんに教えてもらったのですが、JR高松駅でレンタサイクルを借りることができます。6時間100円で、1日利用になっても200円しかかからないので、翌日以降、高松周辺を観光するなら先にレンタサイクルを借りることをおすすめします。

高松はレンタサイクルがとても便利ですよ。レンタサイクルについてはまた別の記事でまとめます。

ゲストハウスちょっとこま

ちょっとこまの外観は真四角で事務所っぽい感じです。入り口に大きな看板があり、近くに来たらすぐに分かります。

ゲストハウスちょっとこまの外観

ちょっとこまの様子

ちょっとこまの中へ入るとすぐに談話室があります。円卓を囲んでみんなでワイワイできます。

あと、周りに置いてある本棚やチラシなど、いい感じの雰囲気です。

ちょっとこま 談話室

昭和的な香りがするグッズの数々。こういうところにゲストハウスの個性が出てくると思います。この感じ、私は好きですね。

ちょっとこまの談話室 レトロな置物がたくさん

置いてあるものすべてに意味がある感じ。

ちょっとこま 談話室の本棚

ちょっとこま 談話室のチラシなど

ちょっとこまではドリンクも注文できます。私は注文しなかったですが・・・。コーヒー、カフェオレ、紅茶があります。

ちょっとこま ドリンクの販売もあります

談話室より奥に入って行きましょう。

右奥にはシャワールームがあります。左側の部屋は管理人室なので入れません。

ちょっとこま 1階の廊下

ゴミ箱もかわいいカエルがしゃべっているように見えて、ほっこりします。

ちょっとこま ゴミ箱

1階のトイレは男女共用です。

ちょっとこま 1階の男女共用トイレ 

ちょっとこま 1階の男女共用トイレ

2階へ。階段は少し狭いので、こけないように気をつけましょう。滑り止めがついていて親切です。

ちょっとこまの階段

階段を登って右手には洗面台があります。私はここで歯磨きしました。

ちょっとこまの洗面台

洗面台の奥には女性専用のトイレがあります。ちょっとこまは、女性にやさしいゲストハウスです。

ちょっとこま 女性専用トイレとドミトリー入り口

2階の廊下、ちょっと狭め。

ちょっとこま 2階の廊下

階段を登ってすぐ左にはベランダがあります。喫煙場所となっています。

ちょっとこま ベランダの喫煙場所

ゲストハウスを使う時のルールがこちら。一度目を通しておきましょう。だいたい基本的なことが書かれています。

ちょっとこまのルール

ドミトリーの様子

私が泊まったのは男性用のドミトリーです、2段ベッドですが、カーテンがあります。プライバシーが気になるという方でも使いやすいのではないでしょうか。

ちょっとこま 男性ドミトリー

ちょっとこま 男性ドミトリー 虹の絵

エアコンもあり、夏や冬でも快適に過ごせるようになっています。

ちょっとこま 男性ドミトリーにはエアコンも付いています

泊まった感想

ちょっとこまは、オーナーさん夫婦の人柄が出ているのか、とても居心地が良かったです。観光の情報や近くの美味しいお店などを教えてもらい、翌日の観光に大いに役立ちました。

自分自身、イベントを主催することもあるので、雰囲気作りする上でとても参考になりました。人柄からにじみ出るものって、言葉には出さなくてもあります。そういうのがヒシヒシと伝わってきました。

いい雰囲気だし、高松からもアクセスがいいところにあるので、また泊まりに行きたいと思います。今回はできなかった島めぐりをしてみたいなぁ。

→ ちょっとこまの公式ページ

ちょっとこまの詳細ページ・近隣情報はこちら