【札幌】ごはんが欲しくなるサンドイッチを提供する「めざましサンド店」宿泊体験記

スポンサーリンク

2017年2月にオープンした札幌市にある「めざましサンド店」に宿泊しました。

ゲストハウスらしくない名前。

オシャレなカフェやバーがあるゲストハウスは全国にもたくさんありますが、めざましサンド店はその名前の通り、サンドイッチ店と併設している珍しい(?)ゲストハウス。

どんなゲストハウスなのか?中の様子を紹介します。

めざましサンド店・ガラス窓

外観

▼マンションの1階に「めざましサンド店」があります。

めざましサンド店・外観

▼こちらが入口。オシャレなカフェのようですね。

めざましサンド店・入口

▼入口の看板には、親しみやすさが感じられます。定休日は火曜日。

めざましサンド店・看板

中の様子

カフェ

▼店内です。凝った装飾もなく、清潔感がありシンプルですね。チェックインの受付もここで行います。

めざましサンド店・カフェ兼受付

▼窓側席。カフェの営業終了後は、共有ラウンジとして利用できます。奥は宿泊施設。

めざましサンド店・カフェ

▼チェックイン時にドリンクチケットをもらいます。ここにWi-Fiのパスワードと夜間入口の暗証番号が書いてあるので、なくさないようにしましょう。カフェの定休日である火曜日は、このチケットが使えません。

めざましサンド店・ドリンクチケット

ドミトリールーム

▼カフェの奥が宿泊施設。中は広くないので、迷うことがありません。こちらは廊下。白で統一しています。

めざましサンド店・廊下

▼男女共用ドミトリールームに宿泊しました。この部屋は、8人泊まれる二段ベッド。他に女性専用ドミトリールームもあります。

めざましサンド店・ドミトリールーム

▼ベッドは個室のような造りになっていて、プライバシーが保たれるようになっています。

めざましサンド店・ベッド

▼ベッドは身長175cmの私でも狭く感じませんでした。カーテンを閉めると、外からは中の様子が見えません。枕元に鏡とコンセント、貴重品を入れるボックス、小物を置く台があります。これは宿泊者にとって便利ですね。

めざましサンド店・ベッドの様子

▼ベッド下には、鍵付きの収納スペース。中型のスーツケースなら、余裕で入りそうです。

めざましサンド店・ベッド下の収納スペース

キッチン

▼廊下に小さいスペースですが、共有ラウンジがあります。この隣がキッチン。

めざましサンド店・小ラウンジ

▼キッチンと言うほど広くはないですが、冷蔵庫と電子レンジ、電気ポットがある流し台です。

めざましサンド店・キッチン

▼フリードリンクもありますよ。

めざましサンド店・フリードリンク

水回り

▼廊下にある洗面台は、男女共用。清掃が行き届いていました。

めざましサンド店・洗面台

▼トイレは、宿泊施設だけでなくカフェにもあります。中は広くてきれいでした。

めざましサンド店・トイレ

▼脱衣所は、かなり広い。

めざましサンド店・脱衣所

▼シャワールームは、男性でも狭くありません。角に膝ぐらいの高さで台があり、使い勝手がよかったですね。

めざましサンド店・シャワールーム

入口の暗証番号

▼夜23時を過ぎると、入口にロックがかかります。入口横にあるこの扉を開けると・・・

めざましサンド店・入口のロック

▼暗証番号を入力して中に入ります。暗証番号は、チェックイン時に渡されたドリンクチケットに書いてあるので、なくさないように。

めざましサンド店・入口の暗証番号

ごはんが欲しくなるサンドイッチ

「めざましサンド店」はサンドイッチ店。チェックイン時にスタッフが調理していたので、店内はいい香りがしていました。

▼他では見ることがない個性的なメニューですね。ごはんに合う和風の具材がメインです。

めざましサンド店・メニュー

▼「豚のしょうが焼きサンド」を注文しました。パンは柔らかくモチッとした食感。しょうが焼きは優しい味で、しょうがの香りが口いっぱいに広がります。ごはんが欲しい。おいしいです!でも、男性にはサイズが少し小さいかな。

めざましサンド店・豚のしょうが焼きサンド

実を言うと、「鮭のちゃんちゃん焼きサンド」を食べたかったのですが、残念ながら品切れ。ちゃんちゃん焼きは、鮭と野菜を鉄板で焼いた北海道の主に漁師町の郷土料理。それをサンドイッチにするなんて、発想がスゴい。

Wi-Fi

▼実際に使ってみて、特に不満はありません。宿泊した日は、ほぼ満室だったのにもかかわらず、回線が混み合うこともなく安定した速度でした。

めざましサンド店・Wi-Fi

アクセス

▼札幌の歓楽街すすきのから創成川を渡って東側にあります。

地下鉄東西線「バスセンター前」から南方向に徒歩7~8分。地下鉄東豊線「豊水すすきの」駅からも徒歩7~8分。

近くには、人気観光市場の「二条市場」がありますよ。

さいごに

サンドイッチ店と併設しているゲストハウスは、全国でもおそらく「めざましサンド店」だけでしょう。サンドイッチも和風の具材を使用した個性的なものばかり。ごはんがほしくなりますよ。一度食べてみることをオススメします。

宿泊して一番感心したのは、ベッド。

  • カーテンを閉めると、ほぼ個室状態になりプライバシーが保たれていること。
  • 枕元に小物を置く台と貴重品ボックス、鏡とコンセントがあること。
  • ベッド下にスーツケース等を入れる収納スペースがあること。

これらは、旅行者のことを考えた利便性が高い作りになっています。

札幌を訪れたときに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?