韓国ソウルのおしゃれで居心地最高のアットホームな「Bounce Guesthouse(バウンスゲストハウス)」宿泊体験記

スポンサーリンク

以前からずっと泊まってみたい!と思っていた、韓国ソウルにあるバウンスゲストハウスに一人旅して泊まってきました。

予約するまでの話

ホテルやゲストハウスを探す時に使っているのは、Booking.com(ブッキングドットコム)というサイトです。これまでに色んなサイトを利用してきた中で、お気に入りの宿を見つけるのに一番検索し易いと感じました。

宿泊料金の安い順に並べ変えて、その中で評価の高い宿をチェックしたり、口コミ評価の高い順から口コミを読んだりして、行ってみたいところの宿を普段から見て楽しむのがひとつの趣味で、そんな風にしているうちに、気になる宿が何件か絞られてきます。

その後、その宿の口コミや評価をトリップアドバイザー等々の検索サイトで見たり、時にはその宿に泊まった旅行記なども参考にして、最終的にここに泊りたい!!!というお気に入りが見つかります。

Booking.comで、最安の女性専用のドミトリー6人部屋を3泊9,900韓国ウォンで予約しました。予約して少しすると、ゲストハウスから直接予約確認と地図が添付されたメールが届きました。

同じサイトでゲストハウスを何度か予約した事はありましたが、連絡が来たのは初めてで、安心することができました。少しして予約を変更しようと再度検索してみると、4人部屋がセールで安くなっていました。

4泊しても85,560韓国ウォンで、当初の3泊の宿泊代より安いのです。キャンセル料がまだ不要だったので、6人部屋をキャンセルして、4人部屋を4泊予約しました。

すぐに届いた変更の確認メールに、英語だったけど、今度は可愛く○○SANと書かれていてちょっぴり嬉しくなりました。飛行機の便と到着の時間を知らせて欲しいとあったので、カタコトの英語で簡単に返信しました。

バウンスゲストハウスに到着するまで

当日は、深夜の到着になりました。Booking.comとメールの地図を頭に入れて、地下鉄の駅からスーツケースを引き摺りながら歩きました。

スーツケースが重かったのと、ちょっと迷ったのとで30分近くかかりつつも無事に到着しました。(後から思うと、何で迷ったのかわからない簡単な道順でした。頭に入れたと思っていた地図がちゃんと入ってなかったみたいですね。)

中国語でのコミュニケーションが楽しかった!

本来のチェックインは23時までで、かなり過ぎてたのですが、オーナーご夫婦が待っていてくれ、奥さんの笑顔を見た瞬間にホッとしました。美男美女でビックリ!

某サイトで、オーナーさんが元シンガポール航空の客室乗務員と書かれていたので、笑顔がとても素敵なオーナー夫婦の醸し出す雰囲気が、海外からの旅行者にも安心を与えてるんだろうな~と納得しました。

私は韓国語は勿論0、英語もほぼ0ですが、オーナーのご主人さんが中国語が話せたので、なんとか会話になる中国語でコミュニケーションが取れました。

ゲストの中には、台湾、香港、中国からのゲストさんや、他にも中国語語が話せる海外からのゲストさんがいて、ゲストハウス内の公用語が一時期中国語状態だったりで、とっても楽しい滞在になりました。

バウンスゲストハウス

ゲストハウス内の設備について

ゲストハウスの建物自体は、地味な感じのビルでしたが、階段を上がってドアを開けるとゲストハウス内は明るくておしゃれ、きれいに掃除も行き届いていて、とっても居心地が良かったです。

受付のある階には女性専用のドミトリーに、そしてキッチンとリビングがありました。キッチンには冷蔵庫や電子レンジ、そして朝食のパン、卵、ジャム、コーヒーが用意されていて自由に使えました。

私は毎朝6時頃に起きて朝食をいただいたので、他のゲストと朝食が一緒になる事もなく独占できたのもあるかもしれませんが、とても使い易いキッチンで満足しました。

バウンスゲストハウス

滞在中に不便を感じる事はありませんでしたが、シャワールームとトイレが一緒になっているので、出かける時間が重なるとトイレ・洗面渋滞が発生するのでは?と少し気になりました(もしかすると、6人部屋にはシャワー室が付いていたのかもしれません)。

シャンプーやリンス、ボディーソープ等は、ゲストハウスによってはあっても使う気にならない事もありますが、特にこだわりのない私は、ここでは気持ちよく使わせていただけました。

ベットには、カーテンがそれぞれついていて、頭元に電気スタンドもあり、寝具もおしゃれな気持ち良い物が用意してありました。それぞれにハンガーも有り、何の不自由もありませんでした。

バウンスゲストハウス

良くなかった点を強いて探してあげるとすると、シャワールームの隣の部屋で、私のベットが壁側だったので、夜寝ている時に、誰かがシャワーやトイレを使うと、水が水道管を流れるような音が聞こえたくらいです。

かすかなので眠れないほどではなく、寝てしまえば気にならないくらいですが、神経質な人には辛いかもしれません。

さいごに

バウンスゲストハウスは、私がこれまでに海外で宿泊したゲストハウスの中では1番の、国内外合わせてもトップクラスのゲストハウスでした。

場所は弘大のメインストリートとは逆側ですが、特に不便は感じませんでした。今回は一人だったので、眺めるだけで終わってしまいましたが、駅からゲストハウスまでに飲食店も沢山あったので、次の機会には利用したいと思いました。

住所 493-17 Yeonnam-dong, ソウル、121-868

adodaでバウンスゲストハウスを予約する

ソウルの他のゲストハウスにも泊まったことがあります。合わせてそちらの感想もどうぞ。
参考:ソウルの「キムチ新村ゲストハウス」に泊まった感想。激安でリピート有りな場所だった

ホテル予約の参考にどうぞ。
参考:国内ホテル・旅館の宿泊予約サイトは24種類!特徴をまとめてみました