観光地で有名な函館西部地区にある「函館ペリーハウス」宿泊した感想まとめ

スポンサーリンク

異国情緒を感じさせる街並み。その街並みにある数多くの魅力的な坂。函館山の麓の港に面した観光地の1つであり、歴史を感じさせる伝統的建造物が多くある函館西部地区。

北海道函館市の観光名所が多い西部地区にある「函館ペリーハウス」に宿泊しました。実際に宿泊してみての感想と中の様子をお伝えします。

函館ペリーハウスの看板

アクセス

▼JR函館駅から函館市電「函館どつく前」行きに乗り、「大町」停留所で下車後、徒歩約2分。

函館市電沿いではなく、道路1本中に入ったところにあります。函館市電沿いにあるドラッグストアチェーン「ツルハドラッグ」を目印に探しましょう。隣にシェアハウス「みやび」があるので、その裏です。

外観

▼3階建ての白い建物です。写真左は、ツルハドラッグの駐車場。

函館ペリーハウスの外観

 入口

▼建物入口は、道路より低い位置にあります。ガラスには、Booking.com(ブッキングドットコム) の評価数が貼られていました。

函館ペリーハウスの入口

駐車場

▼駐車場は、函館ペリーハウスから徒歩約2分。函館市電の線路沿いにあります。場所は、この看板が目印です。

函館ペリーハウスの駐車場全景

▼29番が、函館ペリーハウスの駐車場。1台分しかありません。利用できるかどうか、事前に確認が必要です。

函館ペリーハウス駐車場29番

館内の様子

▼中に入ってすぐフロントです。左の壁には、函館まちあるきマップがたくさんありました。無料でもらえますよ。

函館ペリーハウス1階入口付近

▼ここでチェックインをします。支払いは、現金のみ。壁にWi-Fiのパスワードの紙が貼られていました。

函館ペリーハウスの受付

宿泊部屋

▼2階の二段ベッドがある部屋に宿泊しました。シーツはきれいで、気持よかったですよ。

函館ペリーハウスのベッド

▼部屋には小さなテーブルが1つ。ノートパソコンを1台置くには問題ない大きさです。

函館ペリーハウスの部屋のテーブル

▼函館市電の1日乗車券をフロントで購入することができるようです。部屋には、Wi-Fiのパスワードが貼られていましたよ。

函館ペリーハウス部屋の鏡と掲示板

▼収納スペースは、部屋の入口。ここに旅行かばんを入れて置けますね。

函館ペリーハウス部屋の収納スペース

▼上にもスペースがありました。鍵はありません。函館ペリーハウスには貴重品ロッカーもありません。

函館ペリーハウス部屋の収納スペース上部

▼2階の廊下には、流しがあります。

函館ペリーハウス2階の廊下

キッチン

▼2階のキッチン入口です。

函館ペリーハウスのキッチン入口

▼入口前にペットボトルのキャップを回収する長い容器がありました。珍しい容器ですね。

函館ペリーハウスのペットボトルキャップ回収

▼キッチンは、広い!

函館ペリーハウスのキッチン全景

▼現在はゲストハウスとして営業していますが、かつては下宿だったので、このような広いキッチンだそうです。

函館ペリーハウスのキッチン全景(入口に向かって撮影)

▼食器がたくさんありますね。函館ペリーハウスの食器棚

▼調味料類もありましたよ。

函館ペリーハウスの調味料等

▼広々としてますね。調理をするには、充分なスペースです。

函館ペリーハウスのキッチンの流し

▼入口の1台も含めて、キッチンには合計3台も冷蔵庫があります。

函館ペリーハウスのキッチンの冷蔵庫

▼キッチン併設のフリースペースです。1階フロントの隣にもフリースペースがありますよ。

函館ペリーハウスのキッチンのフリースペース

トイレ

1階は、洋式トイレ。2階のトイレは、和式です。どちらも建物の奥側にあります。

▼1階の洋式トイレは、奥行きがあり広く感じます。でも、右側を見ると・・・

函館ペリーハウスのトイレ

▼男性用と仕切りも何もありません。ちょっと変わった作りですね。

函館ペリーハウスのトイレ2つ

シャワールーム

▼シャワールームは館内に1つしかなく、1階奥。24時間利用可能。タオルは、100円で販売されています。

函館ペリーハウスのシャワールーム入口

▼脱衣所は、狭くありません。

函館ペリーハウスの脱衣所

▼湯沸し器の注意書きは、一部英語で書かれていました。海外からの宿泊客が多いのでしょう。

函館ペリーハウスの湯沸し器注意書き

▼狭くありません。きれいでした。

函館ペリーハウスの浴槽

ランドリー

▼1階トイレ前に洗濯機と乾燥機がありますよ。洗濯機200円、乾燥機100円。

函館ペリーハウスのランドリー

1階フリースペース

▼フロント隣が、フリースペース。24時間利用可能。

函館ペリーハウス1階のフリースペース入口

▼中は広くありません。3人ぐらいしか座れないですね。2階のキッチンのほうが広々と使えます。

函館ペリーハウスの1階フリースペース全景

▼フリードリンクです。

函館ペリーハウスのフリースペースのフリードリンク

▼テレビや雑誌もありますよ。

函館ペリーハウスのフリースペースのテレビ

▼フリースペース前の廊下には、函館の観光パンフレットがたくさんありましたよ。

函館ペリーハウスのフリースペース前の観光パンフレット

Wi-Fi

1階のフロントや部屋にWi-Fiの紙が貼られています。パスワードはSSID末尾「-2g」も「-3f」も共通。

Wi-Fiは2つのSSIDがあります。

SSID末尾「-2g」が周波数帯2.4GHzのb/g/n、WPA2で暗号化されていて、末尾「-3f」が2.4GHzのb/gで暗号はWPAです。末尾「-2g」のほうが最大通信速度が大きく速いですが、実際に試してみると函館ペリーハウスの通信は、不安定でした。

▼写真は、夜10時過ぎに2階の宿泊部屋でSSID末尾「-3f」に接続して測定。

函館ペリーハウス2階客室でWi-Fi測定

▼夜11時半頃、1階のフリースペースでSSID末尾「-2g」に接続して測定。ここでは「-2g」の電波が強いです。

函館ペリーハウス1階フリースペースでWi-Fi測定

2階の宿泊部屋では、「-2g」につながったり、つながらなかったり。しかし、翌朝にはなぜか問題なくつながりました。「-3f」は遅いですが、部屋でも常時つながります。

2階のキッチンでは、電波をまったく拾いません。

宿泊を終えての感想

元下宿ということもあり設備や内装は新しくありませんが、不便に感じることはないでしょう。

Wi-Fiの通信状況がよくなかったのが、唯一残念です。

近くにコンビニやスーパーはないので、事前に買い物を済ませておくことをオススメします。

函館の観光地である西部地区で唯一のゲストハウスで、この周辺には他にゲストハウスがありません。ここを拠点に観光するなら、いいロケーションです。