JR函館駅から徒歩約10分にある「GUEST HOUSE HAKODATE BAY(ゲストハウスはこだてベイ)」宿泊体験記

スポンサーリンク

北海道函館市にある「GUEST HOUSE HAKODATE BAY(ゲストハウスはこだてベイ)」に宿泊しました。館内の様子などを詳しくお伝えします。

はこだてベイ正面入口

アクセス

▼JR函館駅から徒歩約10分。函館朝市からも近いですよ。

▼函館市電「市役所前」停留所です。「函館駅前」停留所から谷地頭行き、または函館どつく前行きに乗り、1つ目の停留所で下車。

写真左、緑の看板に白の英字でGUEST HOUSEと書いてあるのが、GUEST HOUSE HAKODATE BAY(ゲストハウスはこだてベイ)。

はこだてベイそばにある市電停留所

外観

▼写真中央の3階建ての建物が、GUEST HOUSE HAKODATE BAY(ゲストハウスはこだてベイ)です。1階が濃い緑色で目立っているので、すぐに見つけられますよ。

駐車場がないので、車で行かれる方は、近くのコインパーキングを利用するしかありません。

はこだてベイの外観

館内の様子

中に入ってみましょう。

玄関

▼ウェルカムボードがありました。雨の日には傘を借りることができます。

はこだてベイの玄関

▼もうひとつドアを開けてさらに中に入ると、シューズボックスがありました。ここで館内用のスリッパに履き替えます。

はこだてベイのシューズボックス

フロント

▼ フロントは、玄関横。Wi-Fiのパスワードが、手書きの紙に2ヶ所ありましたよ。はこだてベイのフロント

▼ 函館観光情報のパンフレットも置いてありました。

はこだてベイ、フロントのパンフレット類

▼チェックイン時の宿泊者登録カードです。海外からの宿泊客はパスポートを提示しなければならないのですが、日本人は免許証なのど身分証を提示する必要はありません。支払いは、現金のみ。全館禁煙。

はこだてベイ宿泊者登録カード

ラウンジエリア

▼ラウンジエリアは、フロントと同じ1階です。写真左が、フロント。写真奥が、シューズボックス。写真右のテーブルは、発泡スチロールでかさ上げしていました。席を立つときに何度も足を引っ掛けたので、注意が必要です。

はこだてベイの共有スペース

▼ テレビとピアノもありました。宿泊者でピアノを演奏する人がいるのでしょうか?

はこだてベイのテレビとピアノ

▼フロントの真向かいで、アイスを販売していましたよ。

はこだてベイのアイス販売

共有キッチン

▼1階ラウンジエリアの奥に共有キッチンが併設されています。

はこだてベイ、テーブル奥のキッチン

▼トースターや湯沸し器、電子レンジもありますよ。

はこだてベイのトースターや電子レンジ

▼飲み物は有料販売です。残念ながら、フリードリンクはありません。

はこだてベイの飲み物有料販売

▼キッチンは、広々としていて清潔でした。

はこだてベイのキッチン

▼下の引き出しには、調理器具類が収納されていて自由に使うことができますよ。

はこだてベイのキッチン下の収納棚

ランドリー

▼共有キッチン隣、ゲストルーム入口前に洗濯機と冷蔵庫があります。洗濯機は、1回200円。乾燥機はありません。

はこだてベイのランドリーと冷蔵庫

部屋の様子

▼このドアの奥が、ゲストルームです。

はこだてベイのゲストルーム入口

▼ドアを開けると上の階へ行く階段と自動販売機、洗面所とトイレがありました。

はこだてベイの自動販売機

▼青い袋に使い終わったタオルを入れましょう。

はこだてベイのベッドシーツ入れ

▼ゲストルームは、2階と3階にもあります。

はこだてベイの階段

▼1階と2階の階段踊り場には、こんなものがありました。宿のご主人は、ワンピース好きなのでしょうか?

はこだてベイの階段踊り場の展示物

部屋の様子

▼1階男性ドミトリーに宿泊しました。

はこだてベイ1階ドミトリー入口

▼真新しい木製の二段ベッドです。部屋にはセーフティボックスがないので、貴重品はフロントに預けます。

はこだてベイ1階ドミトリーのベッド

▼ 枕元には、バスタオルとフェイスタオルが用意されていて無料で利用できます。ベッドには、照明や小物を置く棚はありません。

はこだてベイのベッド枕元

▼壁から延長コードを伸ばして床に置いてありました。電源は、この延長コードを他の宿泊者と共同使用です。

はこだてベイ、ドミトリー床のコンセント

▼入口そばの棚には、ティッシュとドライヤー、非常用の懐中電灯がありましたよ。

はこだてベイのドミトリーの棚

▼冷暖房完備。北海道では珍しく、室内にクーラーが設置されていました。

はこだてベイのクーラーとストーブ

洗面所とトイレ

▼男性用ドミトリーの室内に洗面所があります。洗面所とトイレは、室外にもありますよ。

はこだてベイ室内の洗面所

▼トイレとシャワールームも室内にありました。写真手間のドアが、シャワールーム。奥のドアは、トイレ。

はこだてベイのトイレとシャワールーム入口

▼室内のトイレは狭くありません。きれいでしたよ。

はこだてベイ室内トイレ

▼こちらは、室外にある階段下の洗面所。

はこだてベイ室外洗面所

▼洗面所の隣にトイレもあります。室内のトイレに比べて少し狭いですが、窮屈に感じることはありませんでした。

はこだてベイ室外トイレ

シャワールーム

▼脱衣所は、十分な広さです。脱衣所とシャワールームのガラス戸が、開け閉めしづらかったですね。

はこだてベイの脱衣所

▼シャワールームには、シャンプーやリンス、ボディソープなどがありましたよ。

はこだてベイのシャワールーム上部

▼脱衣所は広く感じたのですが、シャワールームは男性には少し狭く感じました。

はこだてベイのシャワールーム下部

▼シャワールーム内に照明と換気扇の電源があります。初めて利用するときは、どこに照明スイッチがあるのかわからずに迷うかもしれません。

はこだてベイのシャワールーム電源ボタン

▼脱衣所とシャワールームを写した写真ですが、よーく見ると・・・

はこだてベイの脱衣所とシャワールーム上部

▼隙間がありました。部屋にシャワールームをはめ込んだ、といった感じでしょうか。作りが雑ですね。

はこだてベイの脱衣所とシャワールームの隙間

上の階の部屋

1階は男性用ドミトリーですが、上の階にある他のタイプの部屋を一部紹介しましょう。

▼木のベッドではなく、パイプベッドもありますよ。ツインルームです。

はこだてベイ、上の階のパイプベッド

▼和室もあります。こちらは、複数人で泊まるときに使います。

はこだてベイ和室

Wi-Fi

Wi-Fiは2つのSSIDがあります。SSID末尾-gが周波数帯5GHzのac、末尾-aが2.4GHzのb/g/n。どちらもWPA2で暗号化されていますが、末尾-gの5GHzのほうが新しい規格で混線が少なく速いですよ。パスワードはSSID末尾-gも-aも共通。

▼宿泊日に他の客がいなかったので、この速度でした。宿泊客が多いときは、もう少し速度が落ちるかもしれません。

はこだてベイWi-Fi共有スペースで測定

▼部屋でも測定してみました。問題ない速さで快適でしたね。

はこだてベイWi-Fiを部屋で測定

宿泊を終えての感想

2015年4月にオープンしたので、館内は古びた感じもなくきれいでした。しかし、一部に残念なところもあったので、もう少し何とかならないものかと感じました。立地条件がいいだけに非常に惜しいです。

函館市電に面しているので、市電の「ガタン、ゴトン」という軽快な走行音や唸りを上げる独特のモーター音が部屋にまで聞こえてくるのは、函館ならではです。

JR函館駅や函館朝市から近いので、ロケーションはいいです。函館市内の他のゲストハウスは駅から遠い場所にあるので、駅の近くを探すならGUEST HOUSE HAKODATE BAY(ゲストハウスはこだてベイ)しかありません。