和菓子の「喜久屋(きくや)製菓」は宇野でフェリー待ち時間の食べ歩きに最適!

スポンサーリンク

宇野から直島へ向かうフェリーは1時間に1本程度しかありません。宇野に到着した時間によっては、かなりの時間待つことになります。

そんな時は、宇野周辺を散策してみましょう。散策していると、美味しそうな和菓子の店を見つけました。早速入って、船に乗っている時に食べるためのお菓子を買いました。

喜久屋(きくや)製菓というお店です。

店の様子

喜久屋製菓は、フェリー乗り場から少し奥に行ったところにある商店街の一角にあります。茶色い外観が目立ちます。

ガラスの扉から、美味しそうな和菓子が透けて見えているのにそそられます。

喜久屋製菓の外観

中に入ってみると、美味しそうな和菓子がたくさん!店内の様子は町の和菓子屋さんという感じです。

どら焼きやお饅頭が中心ですが、一部洋菓子も置いてありました。手作りクッキーやマドレーヌ、ラングドシャなどがありましたよ。

喜久屋製菓の店内の様子

手作りクッキー、美味しそうです。

喜久屋製菓の手作りクッキー

クッキーやマドレーヌなどの洋菓子もあります。お土産にいかがでしょうか。

喜久屋製菓の洋菓子

喜久屋製菓で買ったお菓子

私はまだ旅行の初日なので、買い込むことはせず、すぐに食べきれる分だけ買いました。

宇野 喜久屋製菓 きくやの包装

まずはどら焼き。喜久屋製菓名物のどら焼です。

喜久屋製菓の名物どら焼

どら焼きの原材料は以下の通りです。

  • 小豆(国産)
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • 水飴
  • ハチミツ
  • トレハロース
  • みりん
  • 膨張剤(原材料の一部に大豆を含む)

喜久屋製菓のどら焼の原材料

どら焼きを開封してみるとこんな感じです。厚みがあり、ずっしりとした重みがあります。

宇野 きくやのどら焼き

生地が分厚い!中はつぶあんです。生地が特に美味しかったですよ〜。このどら焼きは、直島へ向かうフェリーの中で食べました。
参考:宇野港から直島ゆきのフェリーから見る景色のまとめ

喜久屋製菓のどら焼き

もう1つ買ったのは、甘菊(かんぎく)というお菓子です。和紙に包まれたお菓子です。

喜久屋製菓 甘菊

原材料は以下の通りです。

  • 備中小豆
  • 砂糖
  • 小麦粉
  • 水飴
  • トレハロース
  • 蜂蜜
  • 膨張剤

喜久屋製菓 甘菊の原材料

中にこしあんが入っているお菓子です。イメージできるでしょうか?中身の写真は撮り忘れました・・。こちらも美味しかったですよ!

喜久屋製菓の甘菊

宇野発のフェリーを待つ方はすぐ近くにある和菓子屋なので、ぜひ寄って食べ歩いてみてください。美味しいですよ!