台湾新幹線は日本の新幹線と同じだった!乗ってみた感想と写真の紹介

スポンサーリンク

台湾を旅行した時に、台中にも行ってみました。その時に、初めて台湾新幹線に乗りました。

駅に行ってみて初めて気付きましたが、日本の新幹線と全く同じ車両でしたよ!

台湾新幹線の車両

下の写真を見ての通り、色だけが独自のものになってて、見た目はまさに日本の新幹線です!見覚えありませんか?

台湾新幹線

行き先の案内や入口もまさに日本の新幹線でした。

台湾新幹線

座席の案内も、言葉こそ中国語に直されていたものの、形や仕組みは日本と全く同じでした。乗ってて全く違和感がありませんでした。

台湾新幹線の様子

3列と2列の席があるのも同じですね。

台湾新幹線の様子

新幹線の切符は、駅の券売機で買えます。これも日本と同じです。ただ、日本と違うのは、みどりの窓口的なものが見当たらなかったことです。

券売機を操作して自分で切符を買ってください。英語に変換もできますので、なんとかなるはず。

クレジットカードで切符を買うこともできます。

台湾新幹線の切符

台北から台中までは約1時間で着きます。意外と近いですね。

台湾新幹線の台中

終点まで行くと2時間半ほど掛かるって駅員さんが言ってたと記憶しています。

台湾はそんなに広い国ではないので、それぐらいの時間で移動できると助かりますね。日帰りでいろんなところへ行けます。

ちなみに、台北から台中は、740元で行けました。日本の新幹線と比べると、かなり交通費が安いです。その点も、日帰りで旅行するのに向いているといえます。