台北セントロステイ(Taipei Centro Stay)に泊まった感想と利用時の注意点について

スポンサーリンク

主に台北ですが、台湾に1週間旅行してきました。
参考:台湾に1週間滞在して感じた生活環境のメリット・デメリット・日本との違い

その時に泊まったホテルは「Taipei Centro Stay(台北セントロステイ)」というところです。

特別すごいところという訳ではなかったですが、今後使う予定のある方は迷う可能性もありますので、注意も込めてホテルについて紹介していきます。

受付・看板がない

台北セントロステイは、日本の常識で行くとビックリします。目的地に到着しても、看板が全く見当たりません!

地図のアプリは間違いなくそこを指してるのに、何も目印がないので、ホントにここでいいのか?と不安になること間違いなしです。私もかなり不安になりました。

ホテルがあると思われるそれっぽい場所に行くと、中がホテルのような廊下になっています。横にインターホンがあり、そこでカギを開けてもらうことで入れる仕組みです。

ちなみに、ホテルの入口はこんな感じです。日本だと普通のマンションみたいな感じですね。

taipei_centro_stay

ホテルの向かいにある景色はこんな感じです。

台北セントロステイの外観

部屋のカギは持っていたとしても、ホテル自体のカギはいつもホテルのスタッフに開けてもらわないと中に入れません。

いつもホテルに帰ってくるたびに、インターホンを鳴らして、ニーハオ!と挨拶をした後に部屋番号と名前を言います。それでカギを開けてもらえます。

会話自体は簡単ですが、毎回面倒だな〜と思う仕組みでしたね。

ホテル内の設備は全く問題ない

そんなホテルなので、中は大丈夫なのか不安になりますが、意外と中は普通です。ほぼ毎日布団を敷いてくれてたし、バスタオルなども新しくしてもらえました。

台北セントロステイ

ほとんど付けることはなかったですが、大きなテレビまで部屋にありました。

台北セントロステイ

洗面所とシャワールームはつながっています。シャワールームがガラス越しなので、洗面所とシャワールームを2人同時に使えない以外は全く不便なかったです。

台北セントロステイ

シャワーの設備は日本よりも豪華な感じさえしました。上からのシャワーを使うことはなかったですけどね。

台北セントロステイ

宿泊費は?

このホテルに2人で7泊しました。受付がない分だけ安いのか、思ったよりお金は掛からなかったです。とはいえ、ここにも円安の影響はありましたけどね。

合計で49,745円です。7泊の内訳が以下の通りです。

  • 2015/01/07:7,075円
  • 2015/01/08:5,507円
  • 2015/01/09:7,876円
  • 2015/01/10:8,677円
  • 2015/01/11:8,677円
  • 2015/01/12:4,339円
  • 2015/01/13:4,339円
  • EXPEDIA8th:-3,719円
  • 税およびサービス料:6,974円

エクスペディアが8周年記念ということで割引クーポンを使って、この値段になりました。台湾でも休日が高くて、平日だと安くなる傾向がありますね。最後の2日はかなり安かったです。

→ Taipei Centro Stayに予約する

宿泊中に行ってきた場所は?

Taipei Centro Stayを拠点にして、いろいろな場所に出かけました。
参考:台北から30〜40分!淡水が快適すぎて住みたいと思うレベル
参考:台湾の故宮博物院に行ってきた!外観がスゴすぎて圧倒された!

特に食べ物が美味しかったです。台湾の食べ物は日本とはまた違う美味しさがありますよ。日本に戻ってきてもまた食べたくなります!
参考:台湾の美味しすぎる食事写真をまとめてみた