小樽駅から徒歩5分「小樽駅前ゲストハウスIto 糸」で1泊した感想

スポンサーリンク

小樽駅近くにある「小樽駅前ゲストハウスIto 糸」に泊まってきました。

11月初旬の日曜日で紅葉シーズンも終わり閑散期だったため、お客さんが少なくのんびりと過ごすことができました。

1泊だけの利用でしたが、宿泊の感想と館内の写真を撮ってきましたので、様子を紹介します。

小樽駅からの行き方

最寄り駅から徒歩5分の好立地にあるゲストハウス。まず、行き方を紹介します。

小樽駅からスタートします。観光地として有名なので、電車の本数も多くアクセスは良いです。

IMG_0465

駅から降りたら正面の中央通りの右側を真っ直ぐ進んでいきます。

IMG_0489

すると正面にローソンがみえてくるので、手前を右に曲がります。

IMG_0490

そこから200mほど直進すると右手に「小樽駅前ゲストハウスIto 糸」の看板があります。

IMG_0492

宿は「かもめビル」の1室にあります。3階にあるのでそのまま上がっていきましょう。

IMG_0493

宿に到着です。

ちなみに、最短ルートは他にあります。しかしこのルートが最もわかりやすいので、初めての方はこちらで行くことが無難です。

IMG_0499

ゲストハウス内の様子

ゲストハウス内の様子について紹介していきます。

居間

ここで受付をします。畳は温かみを感じることができるので良いですね。奥にお酒が置いてありました。地元の方や旅人の差し入れで、多くの人から愛される家庭的な宿です。

IMG_0534

リビングルーム

ここで旅人たちが語り合います。ギターやピアノがあるため、即興でライブが行われることもあります。ミュージシャンを目指す方も泊まりに来ることがあるので、出会うことができればラッキーでしょう。

IMG_0533

キッチン

常連の方は市場で食材を買って、料理して食べるそうです。炊きたてのご飯を宿内で買うことができるので、市場で食材さえ買えば、お店に行くよりも格安で海鮮丼を食べれるという裏技があります。

IMG_0530

お風呂・シャワー

とても清潔感があってキレイです。

しかし、近くに銭湯がいくつかあるので、個人的にはそちらに行くことをおすすめします。古くからある銭湯が多く、風情があって良いです。

IMG_0515

水回り

洗面台とトイレは1階と2階に1カ所づつあります。

IMG_0543

トイレが温かくて助かりました。北海道は11月でも雪が降るほど寒くなります。外が寒いだけに普段より有り難みを感じました。

IMG_0511

宿泊する部屋

部屋は「男女別ドミトリー」と「港のみえる部屋」「個室 なごみ」「個室 ステンドグラスの部屋」があります。

男女別ドミトリー

宿泊の部屋は2階にあります。男女別に部屋が分かれています。

私が泊まったのはこちらの部屋です。

IMG_0510

ふかふかのベッドで、久々にぐっすりと寝ることができました。

IMG_0501

暖房設備でパネルヒーターを使っています。お湯を流すことで暖をとり、じわじわと部屋が暖かくなっていきます。

IMG_0502

港が見える部屋

通常料金よりも高くなりますが、「港の見える部屋」があります。室内が気になる方は、自分で行って確認してみてください。

IMG_0508

「個室 なごみ」

ベッドが苦手という方のために和室が用意してあります。

otaru_ito_06

「個室 ステンドグラスの部屋」

ご家族、友達同士でも、2セミダブルと1シングルベッドでゆったり過ごせます。

12006379_831520323628470_7671495984508751945_n

旅の拠点に最適

小樽から札幌まで約30分で行けるためアクセスが良く、北海道の旅の拠点に最適です。「札幌だと人が多くて苦手」という方は小樽の夜は静かなので、快適に過ごせるでしょう。

宿の近辺には小樽運河、堺町通り、北一ヴィネツィア美術館などの観光スポットが多くあります。歩いて行ける距離に密集しているので、あまり時間がない方でも十分に観光することができます。

さらに、宿の若女将さんはとても気さくな方で、近辺について詳しく「地元の人が知ってる穴場の飲食店」を教えてくれます。私はあらかじめネットで下調べしてましたが、「ここがおすすめですよ」と店を紹介してくれたので、そちらの店に行くことにしました。結果的に、大満足することができました。これぞ旅の醍醐味です。

宿の名前の由来はあの有名な曲の歌詞から?

「小樽駅前ゲストハウスIto 糸」の「Ito」ってどんな意味なのか気になりませんか。私はオーナーさんの名前に由来しているのかと思ってましたが違ってました。

それはある曲の歌詞から由来しています。

中島みゆきさんの「糸」という曲です。その曲の歌詞に「逢うべき糸に出逢えることを人は仕合わせと呼びます」というフレーズがあります。このフレーズにオーナーさんが共感し「Ito」という名前がつきました。

ちなみに「仕合わせ」とは「めぐり合わせがよい」ということを意味します。

ゲストハウスは旅好きの人が多く集まります。あなたが旅好きならきっと良い出会いが待っているでしょう。

さいごに

宿主が女性なので、女性の方でも安心して泊まることができます。

また、ヘルパーは女性しか募集していないため、特に「初めての女子1人旅」に非常におすすめの宿となっています。

参考:小樽ゲストハウスIto