大阪梅田から高野山までの行き方ガイドと所要時間について

スポンサーリンク

大阪梅田から高野山まで行ってみました!
参考:行けばわかる!高野山・奥の院は神秘的な雰囲気がたまらない場所

このページでは電車とケーブルカーを乗り継いで行ける、高野山駅までの道のりについてまとめています。

高野山まで行く時にお得な切符についてはこちらの記事にまとめています。
参考:兵庫・大阪方面から高野山に行く時のお得な切符比較

まずは、なんば駅まで出よう!

まずは、梅田からなんば駅まで出ましょう!地下鉄の御堂筋線を使って、なんば駅に行きます。

地下鉄なんば駅から南海電鉄なんば駅までは徒歩5分程度です。
南海電鉄のなんば駅は規模の大きな駅で、それだけでも旅行にきたぞ!という気分になりました。

南海なんば駅

南海電鉄なんば駅で高野山・世界遺産きっぷを購入

行くことが分かっている時は早めに手に入れておくと良いのですが、今回は思い立って出かけたので、当日に切符を購入しました。

高野山行きのチケットについて尋ねると、

高野山ではバスで回りますか?タクシーで回りますか?」と聞かれました。

何も調べておらず、交通手段が必要なことすら知らなかったので、どういうことかと尋ねてみると、「高野山内ではバスかタクシーで名所を回るんですよ。」と教えてくださいました。

「じゃあバスで。」ということで、お得な高野山・世界遺産きっぷを購入しました。

下の写真が切符を買った、なんば駅のサービスセンターです。高野山・世界遺産きっぷの購入は、現金のみでクレジットカードは使用不可でした。

なんば駅のサービスセンター

注意!特急か急行かは、駅員さんに尋ねて。

高野山までのチケットを買う時に聞かれることがもう1つあります。
それは、特急で行くか急行で行くか、です。

特急で行くと急行に比べて約20分程度短縮することができます。特急料金780円が別途かかりますが、指定席なので確実に座って行けるのはメリットです。

ですが、ここで注意してほしいことがあります。
実は、時間帯によっては特急より急行の方が早く着くことがあるのです!

なので、当日チケットを購入する際は、一番早い電車は何か、何分くらい差が出るのかを聞いてくださいね。

なんば駅から、極楽橋駅までは電車で!

行きは特急料金を払って、特急で行くことにしました。

こちらが私が乗った特急電車です。

南海電車の特急

南海電車の特急

南海電車の特急

ちょうどお昼の時間帯だったので、駅弁を買って食べよう!ということになりました。

なんば駅の改札内には駅弁は売っておらず、駅員さんに頼んで改札を出て、高島屋の地下でお弁当を買ってきました。

1時間半くらい電車に乗ることになりますが、みどりの中を走るので景色は最高です!
いい景色を見ながらのお弁当は格別の味がしました。

南海電車から見る景色

なんばの高島屋の地下で買ったお弁当

途中、窓に向かって席が並んでいて、沿線風景をしっかり楽しむことのできる「天空」とすれ違いました。1日2~3往復しかしない天空にも、次はぜひ乗ってみたいものです。

すれ違った「天空」

だんだんと高くなっていく感覚が楽しい!

橋本駅を出た頃から、駅の看板には地上からの高さが表記されるようになります。

なんだか少しずつ高くなっていく感じがとてもワクワクしました。

紀伊細川駅

極楽橋に近づくと、車内にアナウンスが流れ始めました。高野山についての説明を、日本語と英語でしてくれます。

そして、ついに終点、極楽橋(ごくらくばし)駅に着きました!

最後はケーブルカーで一気に高野山へ

極楽橋駅からは、ケーブルカーに乗りかえて、高野山駅まで向かいます!

電車のお客さんは殆どみんなケーブルカーに乗るので、いい席を取りたい人はお早めに。私はゆっくりだったので遅くなってしまいました。一番後ろの席でしたが、写真がとても撮りやすかったので、後ろの席も穴場ですよ!

高野山ケーブルカーからの景色

ケーブルカーがすごい急斜面を登っていくのでビックリしました。

10分程度で、あっという間に高野山駅に到着しました~!!

高野山駅に到着!

 梅田から高野山の所要時間は2時間。

大阪梅田から高野山まで、順調に乗り継げば2時間程度で行くことができます。

しかし、今回は切符についての知識がないことで予想以上に時間がかかり、40分近く時間をロスしてしまいました。

なので、高野山に行く時は、あらかじめ、お得な切符などをしっかり調べてみてください。

お得な切符についてはこちらの記事にまとめています。
参考:兵庫・大阪方面から高野山に行く時のお得な切符比較

高野山に到着したあとの観光について、以下のページも合わせてどうぞ。
行けばわかる!高野山・奥の院は神秘的な雰囲気がたまらない場所
高野山で困ったら観光案内所が便利!地図や案内ガイド、レンタサイクルまで