尾道のcafe coyote(コヨーテ)の自家製ジンジャーエールが良かった!

スポンサーリンク

ゲストハウス「あなごのねどこ」をチェックアウト後、尾道周辺を散策していました。 

お寺に行ったり、船に乗って向島まで行ったりと、ゆっくりしつつも結構歩きまわったので、心地良い疲れがたまってきています。

近くにあるパン屋航路で、家族へのお土産も買って、やることは全部やった状態になりました。で、見つけたのがcafe coyoteというところです。

あなごのねどこに泊まってた方からも全く話題になることがなかったお店ですが、外観を見てると良さそうに思えたので、入ってみました。

cafe coyoteの様子

ちなみにこちらがcafe coyoteの外観です。

尾道のcafe coyote

お店の前にはメニューボードが並んでいます。写真があるのと、手描きの文字にあたたかみを感じたので、お店に入ることを決めました。

今気付きましたが、ドリンクのみの場合、2階席のゆったりスペースが利用できるみたいです。

coyoteはオリジナルのミックススパイスを使ったカレーが名物のようです。店内ではカレーを注文している人が半分ぐらいはいました。

尾道 スパイスカフェcoyote

店内に入り、カウンターに座ります。いくつも並んだスパイスと、逆さに吊るされたグラスが目を引きます。店内のデザインにかなりこだわりを感じます。

尾道 coyoteの店内

メニューの一例

店に入る前から、自家製ジンジャーエールを注文すると決めていましたが、他にどんなメニューがあるのだろう?と思い、メニュー表を見てみます。

ラッシーも美味しそうだなぁ・・・。

coyoteの飲み物

「自家製」という文字が入るだけで5割ぐらい美味しそうに感じたり、見えたりするのは私だけでしょうか?

coyote 自家製アンチョビバタートースト

キーマカレー。昼食を食べてなかったら頼んでたかも。写真を見る限り、かなり美味しそうに見えました。

coyoteのキーマカレー

自家製ジンジャーエールを注文

目的は散策の疲れを癒やすことだったので、ドリンクだけ注文しました。自家製ジンジャーエールです。

この日1日の旅を振り返りながら、ジンジャーエールを飲みます。

coyoteの自家製ジンジャーエール

自家製だからか、かなりスパイシーでした。市販で売っているような甘ったるい感じではなく、ピリピリするような感じです。

ピリピリする中にもほどよい甘みがある感じで、結構美味しかったです。今まで飲んだことのない味でしたね。

自家製で、既成品ではないので、おそらくこだわりのジンジャーエールだと思います。実際のところどうか分かりませんが、気持ちはかなり健康になりました!

もし、自分が尾道に住んでいたら、月1回ぐらいは定期的に通いたいと思えるカフェでした。昭和の香りがする尾道本通り商店街なのに、いい店が多いよな〜。パン屋航路といい、coyoteといい。

ゲストハウスのあなごのねどこも良かったし、尾道が好きになりますね!
参考:尾道のゲストハウス「あなごのねどこ」宿泊体験記

住所:広島県尾道市土堂1丁目2-12

cafe coyote(コヨーテ)