バスも通らない北海道の穴場絶景スポットである猿払村道エサヌカ線

スポンサーリンク

北海道といえば、どこまでも続く長い道、畑や山々の広大な風景、というイメージがあると思います。

風光明媚な道路が各地にありますが、広大さと認知度の低さ(おそらく)では、ひけをとらないかもしれない道があります。

それが、今回ご紹介する「村道エサヌカ線」です。
地図でいうと、このライン。
エサヌカ線の地図(Google)

村道エサヌカ線はドライブにおすすめ

地図を拡大しないと、果たしてどこだかすらわからないような場所ですが、北海道最北端の稚内市の右下(南東)隣の「猿払村(さるふつむら)」にある道路です。

さらにこの道、行き方が微妙にわかりにくいというところにあるんですよね。

稚内側(北側)から向かうと、宗谷岬も通る国道238号線をひたすら網走・枝幸(えさし)方面へひた走ります。

「網走まで300km」という数字などは気にせずに。

オホーツク海を見ながらの快適ロードは、ドライブにおすすめです!

道の駅「さるふつ公園」

道の駅「さるふつ公園」ではホタテまんじゅう「ホタテまん」がおいしい

途中、道の駅「さるふつ公園」があり、ここには名物の「ホタテまん」があります。

ちょっと小さめの饅頭だが、中にはホタテの貝柱がぎっしりで、まさにオホーツク海の味!美味しかったですよ。

値段は400円。

ホタテまん

何もない景色が素晴らしい

さて、宗谷岬あたりからだと1時間もあれば、「浜猿払」という信号のある交差点が出てきます。

手前には「富士見橋」という橋もあるので、それを目安に走ってみるといいかもしれません。

浜猿払交差点

この交差点を左折、つまり海側「浜猿払市街」方面に向かいます。(左の矢印が小さくなっているのが気になりますが)

民家の間をとおると海の手前に来るので、それを右折してください。

すると、200m走ったくらいだろうか、浜猿払の漁港を過ぎると国道238号線と平行に走る、海側を走る直線の道路が出てきます。

エサヌカ線その1

どうですか?
何もないでしょ?

左側はオホーツク海と砂浜。
春の晴れた空とただただまっすぐ続く道路の、荒涼とした風景が続きます。

さらに進むと、草原が現れます。

エサヌカ線 その2

遠くにはまだまだ雪を残した山々、乾いた心地よい潮風、春浅い5月の太陽と青空、春の日を浴びてのびのび生えている草野原。

レンズのせいか、気持ち地平線がまあるくみえてますが、実際こんな風景が広がってます。

エサヌカ線 その3

直線が長すぎて、逃水現象なんてのも見れました。

バスも通らない穴場ですが、レンタカーなどで道北を周る方は、ぜひ一度通ってみてほしい道路です。