比羅夫駅から降りて17歩のゲストハウス。駅の宿ひらふに行ってきた感想

スポンサーリンク

比羅夫駅の中にある「旅の宿 ひらふ」に泊まってきました。

11月の中旬の閑散期でお客さんはおらず、1人だったのでのんびりと過ごすことができました。

宿泊の感想と館内を撮ってきましたので、様子について紹介します。

電車から降りて17歩

駅内に宿があるのは日本中探してもここだけです。なんとも珍しい宿ですね。

どんな地図にも載っている日本一探しやすい宿です。

hirafu_house_0.jpg

探しやすいと言えど、電車はこの本数。1本でも乗り遅れるとえらいことになりそうですね。

zhirafu_house_20.jpg

ゲストハウス内の様子

ゲストハウス内の様子について紹介していきます。

リビングルーム

木の温かみを感じる落ち着いたつくりになっていました。

窓の外はすぐに線路があります。電車の話で盛り上がりそうですね。

hirafu_house_05.jpg

巻きストーブが良い雰囲気を出しています。

hirafu_house_26.jpg

お茶・コーヒーのサービス

周辺にコンビニやスーパーはないので、お茶やコーヒーのサービスは嬉しかったですね。

オーナーさんの心遣いに感謝します。

hirafu_house_09.jpg

水回り

洗面所はとても清潔感がありました。ドライヤーも完備されていて、ありがたかったです。

北海道は11月にもなるとかなり寒いですからね。

hirafu_house_13.jpg

トイレも大変きれいでした。

オーナーさん1人で経営されてますが、隅々まで掃除されていましたね。

hirafu_house_15.jpg

お風呂・シャワー

丸太風呂に入ることができます。人生初の経験。

直径1mのスプルース(北米松)をそのままくり貫き使用しています。

hirafu_house_25.jpg

石鹸とシャンプーも用意されていました。

まさかゲストハウスで、こんな非日常を体験できるとは思っていませんでした。最高です。

hirafu_house_24.jpg

宿泊する部屋

部屋は「男女混合ドミトリー」と「個室」があります。

男女混合ドミトリー

カーテンで仕切って男女で分かれます。合計で4人まで宿泊できます。

ファンヒーターがあったので寒い北海道でも快適に過ごせました。

hirafu_house_07.jpg

線路側の部屋なので、電車をみることができます。

ベッドから電車がみえるなんて、なんだか興奮してしまいますね。

hirafu_house_12.jpg

個室

定員3員の和室がありました。駅前側となっています。

電車の騒音も少なくゆったりと過ごせそうですね。

hirafu_house_27.jpg

電車好きは特にオススメ

私はそこまで詳しくないですが、宿内には電車に関わる備品がいくつかありました。

親子で来て楽しむ方も多いみたいですよ。

hirafu_house_28.jpg

さいごに

1人での宿泊でしたが、駅内の宿泊、丸太風呂など非日常体験ができて楽しめました。夏には別料金でバーベキューができるので、暖かくなったらまた行ってみたいですね。