2016年4月オープン「HAKODATE GUEST HOUSE Apple(函館ゲストハウス Apple)」に宿泊した体験記を写真付きで紹介

スポンサーリンク

2016年4月オープンしたばかりの北海道函館市にある「HAKODATE GUEST HOUSE Apple(函館ゲストハウス Apple)」に宿泊しました。館内の様子などを詳しくお伝えします。(以下、函館ゲストハウス Apple)

函館ゲストハウスAppleの看板

アクセス

▼函館山の麓にあります。谷地頭温泉が近くにありますよ。

▼JR函館駅から函館市電「谷地頭」方面へ乗車し、終点「谷地頭」停留所下車。駅からここまでの所要時間は、約15分。

函館ゲストハウスApple近くの市電停留所

▼市電「谷地頭」停留所前のローソンを背にして、函館八幡宮方向に歩きます。この鳥居を目指しましょう。

函館ゲストハウスApple近くの函館八幡宮

▼途中、このような案内看板を目にします。

函館ゲストハウスApple案内看板

▼角を曲がると、函館ゲストハウス Appleに到着。市電停留所から徒歩約5分。

函館ゲストハウスApple道路の看板

外観

▼一般の住宅を改装して、2016年4月にオープンしました。建物前に1台だけ駐車スペースがあります。

函館ゲストハウスApple建物外観

中の様子

中に入ってみましょう。

1階玄関付近

▼玄関です。新築の住宅みたいですね。

函館ゲストハウスAppleの玄関

▼レセプションです。ここでチェックインをします。支払いは、現金のみ。

函館ゲストハウスAppleのレセプション

▼チェックイン時に部屋と貴重品ロッカーのカギを渡されます。なくさないようにしましょう。

函館ゲストハウスAppleのカギ

▼レセプションの向かいは、フリースペース。

函館ゲストハウスAppleフリースペース入口

2階の部屋へ

▼宿泊部屋は、2階です。階段は狭くて急なので、登り降りに気をつけてください。

函館ゲストハウスAppleの階段

▼2階の廊下は、人一人が通れる幅です。

函館ゲストハウスAppleの2階廊下

部屋の様子

▼2階にある6人部屋男女混合ドミトリーに宿泊しました。部屋に入ってすぐ、ベッド同士の隙間が狭かったのですが、問題なく通れました。

函館ゲストハウスAppleのベッド同士の隙間

▼オープンしたばかりということでベッドは新しく、木が持つ独特のいい香りがしましたよ。

函館ゲストハウスAppleのドミトリー

▼枕元のLEDは非常に明るく便利ですが、直に見ると目がチカチカして残像が残るので、直視しないほうがいいですよ。

函館ゲストハウスAppleの枕元のLED

▼各ベッドにある貴重品ロッカーです。

函館ゲストハウスApple貴重品ロッカー

▼15インチのMacBook Proを入れてみました。このように立てると収納できます。

函館ゲストハウスApple貴重品ロッカーにノートPCを入れる

▼スマホやタブレットも問題なく余裕で入りましたよ。

函館ゲストハウスApple貴重品ロッカーにスマホを入れる

▼ベッドの下は、収納スペースになっていて大型のスーツケースも並べて置けるほどです。これなら荷物の置き場に困らないですね。

函館ゲストハウスAppleベッド下の収納スペース

▼部屋の入口には、クーラーとWi-Fiのパスワードがありました。

函館ゲストハウスAppleのクーラー

▼同じく入口に、照明のリモコンと非常灯。天井近くには、非常照明がありました。災害や停電時に使用されるのですが、部屋だけでなく廊下にも設置されています。ゲストハウスでこのような対策をしているところは少ないので、これには感心しました。いざという時に安心できますね。

函館ゲストハウスAppleの非常灯

水回り

2階には、洗面所やシャワールーム、ランドリーが1ヶ所に集まっています。

▼洗面台です。清潔感がありました。ドライヤーも備え付けてありましたよ。

函館ゲストハウスAppleの洗面台

▼トイレは2つあります。奥行きがあり広かったですね。こちらもとてもきれいでした。

函館ゲストハウスAppleのトイレ

▼シャワールームも2つあります。こちらも清潔でしたよ。小物を置く棚があるのは便利ですね。男性には中が少し狭く感じられました。タオルはないので、自分で用意しましょう。

函館ゲストハウスAppleのシャワールーム

▼洗濯機と乾燥機の利用料金は、セットで300円。洗剤付き。

函館ゲストハウスAppleのランドリー

フリースペース

▼1階のフリースペースは、広く真新しいです。

函館ゲストハウスAppleのフリースペース

▼隣のキッチンにも冷蔵庫はあるのですが、フリースペースにも共有の冷蔵庫があります。

函館ゲストハウスAppleフリースペースの冷蔵庫等

▼フリードリンク。コーヒーが用意されていました。

函館ゲストハウスAppleのフリードリンク

▼氷があるのは、うれしいサービスですね。もちろん無料で利用できます。

函館ゲストハウスAppleフリースペースの氷

▼函館の観光パンフレットと一緒にカップ麺を販売していましたよ。北海道限定販売のものもあるので、試してみてはいかがでしょうか?

函館ゲストハウスAppleのカップ麺販売

キッチン

キッチンは、フリースペースに併設されています。

▼清潔でした。清掃が行き届いてるのがわかります。

函館ゲストハウスAppleのキッチン

▼オーブンレンジもありますね。本格的に料理をする人なら、必要かも知れません。

函館ゲストハウスAppleキッチンのオーブン

▼食器も自由に使うことができますよ。

函館ゲストハウスAppleの食器棚

▼トースターと炊飯器は2台もありました。

函館ゲストハウスAppleの炊飯器

Wi-Fi

▼部屋の壁にWi-Fiの紙が貼られています。パスワードは、SSID「-A-」も「-G-」も共通です。

Wi-Fiは2つのSSIDがあり、「-A-」が周波数帯5GHzのac、「-G-」が2.4GHzのb/g/ac。どちらもWPA/WPA2で暗号化されていますが、「-A-」の5GHzのほうが新しい規格で混線が少なく速いですよ。

スマホやタブレットによっては5GHzの「-A-」につながらない場合があるので、その場合は2.4GHzの「-G-」に接続しましょう。

函館ゲストハウスAppleのWi-Fiパスワード

▼iPadを「-G-」の2.4GHzに接続して、夜10時頃に部屋で測定しました。動画再生にも問題ない速さですね。

函館ゲストハウスAppleのWi-Fiを部屋で測定

▼朝にフリースペースで測定しました。他に宿泊客がいなかったこともあり、この速度です。

函館ゲストハウスAppleのWi-Fiをフリースペースで測定

宿泊を終えての感想

函館の観光地であるベイエリアや西部地区からは少し離れていますが、谷地頭温泉や立待岬からは近い場所にあるので、そちらを訪れるにはいいゲストハウスでしょう。

滞在中、唯一残念に感じたのは、枕。柔らかすぎて頭が深く沈み込みました。他の宿泊客がいなかったので、隣のベッドの枕と二段重ねにして寝ましたが、それでも寝心地は良くなかったです。人によってはこの枕が合わないかもしれません。

オープンしたばかりということもあり、すべてが新しくきれいで新築の個人宅にお邪魔しているような感じでした。

函館を訪れた際には、宿泊してみてはいかがでしょうか?